心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“俺を怒らせた、お前が悪い”この理屈は通らないことに気づいたw

“俺を怒らせた、お前(他人)が悪い”

タイトル通り、この理屈が通らないと気づきました。

ちなみに、“俺を怒らせた、お前が悪い”という考え方は、ググるとモラハラ・DV関連サイトに書かれています。

俺を怒らせた、お前が悪い モラハラ・DV検索結果・1
俺を怒らせた、お前が悪い モラハラ・DV検索結果・2

元彼同居人の言っていた、物事は違うけれど一緒…という観点と彼の理屈から考えると…

いじめは、「いじめ(という行為)をさせた、(子供の・子供の時の俺)お前が悪い」になる。
(いじめられっ子だった彼は、いじめは被害者が原因(悪い)と考えている。)

虐待は、「虐待(という行為)をさせた、(子供の・子供の時の俺・年寄りの)お前が悪い」となるはず。
(彼は、虐待された子供が悪いとは考えていない。
考えられないんだと思う。
なぜなら、彼自身が子供の時に父親から虐待されているから。)

そして、彼が「子供の時に父親から虐待された」という考え方は…彼が通したい理屈から、なぜか、外れてしまっている。

“俺を怒らせた、お前(他人)が悪い”という理屈を通したければ、、
「親に虐待(という行為)をさせた、子供の時の俺が悪いんだ」とならないと、おかしい。

したがって、彼が“俺を怒らせた、お前(他人)が悪い”という理屈をちゃんと通せば、「父親に虐待された俺、かわいそう」とは、ならないはず。



(私の主治医の見解では、『(同居人の)彼は彼独自の理屈でモノを考えている』ということなので、、
上記の彼が認めたくない物事で、「彼自身が悪い」という責任を負うような考え方が出来ないのは、仕方ないことなのかな…と思った。
めちゃくちゃな、つじつま合わせを無理やり私に分からせようとしたり、彼に責任を問うと全力で拒絶してきたりということもあった。

『あなたが悲しいとか辛いとかは、どうでもいいのよ!正しいか間違ってるかなんだ!』と私に言っていたけれど、、
彼自身は、『虐待された俺かわいそう』と口にしていた。
それを考えると、「俺は良いけど、あなたはダメ」ってことなんだな…と思った。

なぜなら、いじめに関しては、いじめられた俺が悪いとは考えられても…
父親からの虐待は自分のせいだとは考えられない。
=「親に虐待(という行為)をさせた、子供の時の俺が悪いんだ」とは考えられていないから。

それを認めたら、精神的に辛いし悲しいし認めたくないからなのかな…
という私の考え。)



ここまで、書いてきて、元彼同居人(モラハラ・DVの人)が、どう反論するかというと、、
「確かに“物事は違うけれど一緒”とは言ったけれど、俺は“俺を怒らせた、お前(他人)が悪い”と虐待に関してが一緒だとは思わない!俺はそうは思わないけどね!」とかって、もっともらしく反論したりするんですよねー。

実は初めから見下している私(相手)になんて論破されたくないし、いつの間にか成長した私(相手)が言っていることが正しいなんて思いたくないし、認めたら自分の負けになってしまう&そんな現実を直視して認めたら精神的に耐えられないから、自分の無理やりな、つじつま合わせをしてでも認めない!って感じでしょうかねー。


ついでに言うと、以下は全部、「お前=被害者=理不尽」ですよね。
これも物事は違うけれど、一緒の部分だと私は思います。
「怒らせた、お前が悪い」
「いじめをさせた、お前が悪い」
「虐待をさせた、お前が悪い」


話を戻します。

ただ、いじめも虐待も、「そういう行為をさせた、お前が悪い」という、そんな考え方は、道徳的にも、おかしいし社会的にも通らないわけで…

つまり、“俺を怒らせた、お前(他人)が悪い”という理屈は、おかしい…ということになるわけです。
筋が通りません。




-- ---------------------- --

実家に帰って来てから、数回…なぜか、いつも入浴中に、この考えが頭にふと思い浮かびまして、、
上記記事は、自分の成長というよりは、本来の自分が戻ってきたしるしです。





スポンサーサイト


なぜか、うまく説得できた。

これを書いているのは2017年1月10日(火)ですが、気持ちも落ち着いたということで、昨年11月に起こった出来事を書き綴っていきたいと思います。




“肩書きで人を判断しない。あなたの様な人は初めてだ。”

同居人から私への、最後にして最上級の褒め言葉でした。

今回ばかりは、彼の思い通りにはなりませんでした。
私が、しっかりと覚悟を決めたからだと思います。

同居人との別れ話は、正直、命がけで、前半から中盤にかけてはヒヤヒヤしたのですが、、
最終的に、うまく説得できました。

(主治医からは、『第三者を間に入れた方がいいよ?彼が逆上したりして危ないから。
暴力振るってきたり、危ないと思ったら遠慮せずに迷わず110番してね。』と、何度も忠告されていたのですが、、
いつもの様に、突然、別れ話に発展しました。)

この日までに何度も突然、別れ話に発展しては、なぜか頓挫(急に中止)になっていたのですが、この日は違ったんです。
こちらが、意図したわけではないのにもかかわらず、なぜか、後半は、うまい具合に私が説得できる流れでした。

(見えない何かが導いてくれている様な、守っていてくれている様な感じ。…話す言葉が自然と口から出てきて、不思議なくらいトントン拍子に話が進んでいきました。)




母に電話したところ、彼の考えていたこととは違い、『今すぐ、お父さんと迎えに行くから、荷物をまとめておきな。』とのことでした。

(ここだけ見ると、普通の良い母親に見えますが…毒母の思惑は私を金づるにすることでした。
なぜ分かったのかというと、以前から分かっていた事の上に、さらに彼と母の電話のやりとりにより、それが明確なものとなったからです。
母は、この時も懲りずに、まだ私を自分の思い通りにコントロール出来ると思っていました。)

それぞれに思っていること・望んでいることは異なっていましたが、私の希望は叶うことになりました。




(ちなみに、彼の考えは『明日迎えに来てって言っても難しいだろうから…。どうすんの?どうやって帰るの?何で無計画にやるの?こういうのって、計画的にやるもんじゃないの!?』

『タクシーは?』と私が言ったら、『その発想は無かった。じゃぁ、やってもらおうじゃないか(笑)……出来もしないこというからムカつくんだよ!!(激怒)』という考えでした。

私に向けている、その矢印を彼自身に向ければ分かることなのですが、、
彼は彼で、やったこともないことをやっていたと言い、成し遂げていないことを成し遂げたと私に何度も言い続けていましたけどねー。
本人は、『話の流れで言っただけ』とか言っていましたが、、
私が話の流れで言っただけで、大激怒していたのに何なんだろう?

『自分はやって良くて人はダメなんか!?』と私や他人に怒っていた彼ですが、やっぱり、彼自身が“自分はやって良くて人はダメ”な人間なんですね。
主治医が言っていた通りです(;゜0゜))




どこまで話したかな?話を戻します。

まぁ、そうやって、彼は終始、怒っていたのですが、私には理由が分からずで…

後日、彼が怒っていた理由を主治医に聞いたところ、
『以前、Rinko。さんが言ったことが間違っていた時があって…それで、何でも俺が正しいんだから、いい加減にしろ!!という思いから今回は怒っていたんだと思うよ』とのことでした。




この記事をここまで読んでいて、ある部分で、あれ?と思った方が、いるんじゃないかと思います。
それは、カテゴリーに毒親・毒家族とあるのに、なぜ、その母親に電話したか?…です。

それは、何ヶ月も悩んだ末の答えでした。

自分の心底欲している願いというのは“疲れたから休みたい”でした。

毒母・毒父・毒祖母と、それぞれに問題があり解決しないままでしたが…
彼との生活より、疲れきっている自分を休ませることができる環境の確保が、当時の私には最優先事項だと確信していました。

ただ、実家までの移動手段は限られており、迎えに来てもらうには父か母に電話しなければなりませんでした。
父の声を耳元から入れたくなかった私は、母親に電話するしかありませんでした。

そして、毒家族と再び住み、逃げずにゼロから始めていくことを決めました。










目標達成じゃないけど、近いことが出来た記録

☆この日、出来たことと、前回の往復・徒歩での買物から3日後にも、往復・徒歩での買い物へ行った記録(2回目)。


10月29日(土)
晴れ時々曇り/日差しは暖かいが風は冷たい

・11時55分頃起床。
(ギリギリ午前中)

・外でガタブル10分光合成(日向ぼっこ)できた。

・往復・徒歩で、近くのスーパーで買い物してきた。/14時08分に家・出発→14時54分家・到着/1521歩
(前回よりは重量は軽いはずなのに…重くて何度も持ち手を変えた)

・お米研いで炊飯した。

・午前2時05分頃ふとん入った。←




午後、突然、買物に行くことを思い立った。
というか、またしても急に、やる気が出た!ヽ(・ω・;)ノ

前回、突然、買物に行くことに対しての感情の工程を書きましたが、、
某占い師さんが言っている、魚座さん特有の[“急にやる気が出た!”から、やっちゃう]っていうものも関係するのかな…と思いました。
(他の星座さんは、先週忙しくしたから今週はゆっくりしよう…という計画的な感じだけど、魚座さんだけは違って、計画的にやるというより急にやる気が出たから、やっちゃう的な計画性を持たないところがあるとか何とか書いてありましたw)

そして、今回も、“なんか面白そうだな”とか、“ワクワクする感”を大切に、それに従って行動してみました。




今日は、歩きながら、『どこから行こうかな…』と考えながら歩っていました。
すると、川の流れる音が聞きたくなり、川沿いを行きたい気持ちになり、川沿いを歩き始めました。

そのすぐに、小学生の中学年~高学年の男の子と小学生の1~2年位の小さい男の子が、前から歩いてきた。と思ったら、小さい方の男の子の方から、「こんにちは!!」と大きな声で挨拶が聞こえてきました。
しかし、私は一瞬、誰に言っているのか分からず、声の持ち主を見て固まってしまいました( ̄д ̄;)固

そしたら、もう一度、大きな声で、「こんにちは!!」と聞こえました。
今度は私も「こんにちは」と返しました。
私と、すれ違って去る時に、「やっぱり、挨拶は大事だ」と小さい方の男の子の声が聞こえました。

なんだか、嬉しく思いました(*´∀`*)

(今の世の中、自分から声をかけると、変質者扱いされてしまうじゃないですか;私、この時、マスクして眼鏡して肩から斜めに掛けるバックだったんで;怪しい人そのものだったと思うのですが…勇気ある男の子でした(笑))


この文章とは、直接は関係ありませんが、、
上記の某占い師さん以外の他の占い師さんが魚座さんに言っている、こういう出来事も、(魚座である)私が出会うべき出会いなのかも…とも思いました。
(し○たけ占いの週間占いだったのですが、今週~10月・11月において不思議な縁が多いとか。「あなたがやってきたことに応じて、出会わなければいけなかった出会いが起きてくる」とか何とか書いてあり…興味津津♪)


話を戻します。
前回の記録では書きませんでしたが(書くの忘れた;)、今回も徒歩の行きだけで、ゼーゼーハーハーでして;体力無いのを痛感しました。しかも、スーパーに置いてあるベンチで一休みしてからじゃないと、買物することが出来ず、買物後も、そのベンチで一休みしなければ、家に向けて出発することも出来ませんでした。

これを書いているのは11月18日(金)です。
今年も残すところ僅かで(自分が)本厄年ということもあり(一番は休みたいっていう気持ちが強いわけだが)、何か新しいことに挑戦するなどとはしませんが、準備はしたい。

10月下旬のこの時に、突然の思い立ちによる往復・徒歩での買い物というのは、自分の中で、その一歩だったと位置付けました。
もしかすると、潜在意識のもう一人の自分が、「そろそろ準備しようね?」と顕在意識の私の意識に働きかけてくれたのかもしれません。




目標を一通り達成した!

☆タイトル通り、目標を一通り達成したことを記録していこうと思います。


10月26日(水) 晴れ/日差しが暖かい

・朝10時15分起床。
(午前中に起きれた)

・5~10分、外で日向ぼっこした。

・午後14時頃、徒歩で近くのスーパーへ行き買物をした。
(500mlのジュース2本を含む13点を持ち、帰りも徒歩 ←とにかく重かった;)

・お米研いで炊飯した。
・お風呂入った。
・ゴミ捨て行った。

・23時のアラームが鳴る前にアラーム設定解除し歯磨きした。

・ワイパックス服用後、24時半頃ふとん入った。




買物は突然、行こうかな…と思い立って行ったのですが、本当、突然でした。
今まで『行ったら?』と何度言われても、「行きたくない」とか「行けない。辛い」とかで行かなかったのに…
この時は私も同居人も不思議で謎で仕方なかったです。

そして、同居人にいろいろ質問(詰問)されましたが、彼が納得するような答えは私の口からは出ませんでした。
私自身もハッキリと口にできるまでの感情の把握は出来なかったからですが、、

その謎は2度目の買物を思い立ち行ってきた後に解けるのです。
こんな感じだった。

日差しが暖かくて青空で気持ちいい(*´∀`*)♪

『お散歩してもいいかも♪』とか、“なんか面白そうだな”とか、“ワクワク感”を感じて、、

『弟には歩け!(うつ病になって働けなくなったと言ったら)幼馴染にも歩く!って言われたな~』
(外に行く為の意味づけをしていった)

行っちゃおう♪


一度目は、たぶん、この工程が自分でもハッキリ感知できなくて、問われても出てこなかったんじゃないかと思います。



そんで、今まで『行ったら?』と何度言われても、「行きたくない」とか「行けない。辛い」と言ったりで行かなかったのに…というやつ、、

[なぜ、今まで行かなかったのか・行けなかったのかの理由]は判明しました。

→私という人間は、「あれやったら?これやったら?」と命令されたり縛られることが大嫌いな子。
すごく激しいパワーで抵抗することがある。
今までやらなかった・やれなかった理由は、これでしたヽ(・ω・;)ノ ナント

(これ、第3者によって指摘され、納得したことです。この第3者との出会いによって、これからの自分の人生に一筋の光りを見出すことになります。詳しくは、後日、自分のために書きたいと思います。)






なんでも人のせいにする。これ、どうなのかな…

「これまでは、俺が弱い立場で居られたのに、あなたが壊した!」みたいに言われた。

『もっともらしいことを並べ立てれば、自分が優位に立てるだろう』という気持ちを同居人の彼氏から感じた。

彼が愛情だと思って私に注いでいるのは、単なる執着心であって愛情ではない。

『俺を単なる同居人として見ているなら、俺は無理だから!』ってことは、私の前に住んでいた性的関係の無い女友だちは何?って感じ。矛盾している。

『そんなことは無いって言ったから、(別れ話から引き続き一緒に)暮らしているのに』って…

こうやって、彼が、全部、人のせいにしていたの私、知ってる。



-- --------------------- --

この記事を書いているのは2017/02/09です。

>『俺を単なる同居人として見ているなら、俺は無理だから!』ってことは、私の前に住んでいた性的関係の無い女友だちは何?って感じ。矛盾している。

ここを突っ込んだ時に言われた言葉は、『一回Hしちゃうと、したくなってダメなんだ。一回もしなければ大丈夫なんだけど』という、彼自身が自制心の抑制が出来ない言い訳をされた。

これ、俺には抑止力(欲止力)が無いから、お前が応えるしかないんだよ!ということですよね。
今思うと、とんでもねぇ言い訳だなw

こっちのしたくない気持ちを理解しようともせず私を大事にできない奴が、私に『尽くして愛情を注いでいるのにRinちゃんは愛情を返してくれない』なんて、どの口が言えんのよw

本当に、全然分かってない。
だから、ある日突然、荷物ごと元カノたちが消えんのよ。
自由にさせたから、他に男つくったんじゃないのよ。
彼自身の人間性に大問題(モラハラ・DV・全部人のせいにする)があるから、逃げるために他に男つくって消えてんだよ。

(私は、ある日突然荷物ごと消えていないし他に男もつくってないけどw)








Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。