心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


立て続けに、復習的な出来事が起こっている。

最近、自分の周囲で起こった出来事は、以前にも経験したことだった。

これは、「そろそろ、次に進むから、復習しとくぜ~!」と宣告されている感じがした。

これ、正直、ウザい(笑)

それでも、以前よりも良い対処をしようと頭を使って対処を試みている。




ちなみに、今現在は、私に対して、ある人物が異物混入をやったかどうかを見極め中w
これは、故意に異物混入をされたことは確実なんですが、“ある人物が…”ってところを見極めたいんですよ。

それというのも、2週間くらい前 or ここ2週間以内に、うがい用重曹水ペットボトルへ、エ〇ルジョンリムーバーを混入されたのを期に、私自ら犯人探しをしているから。

おそらく、コイツだろうな~という目星はついているんですが…
こういうのって、やっぱり監視カメラで証拠を得て警察に提出するのが一番なんだろうね。




前回は、見逃してあげたけど、今回はアウトでーす!
普通なら、あと4回くらいは、もっと見逃して様子を見るんですが…
もうダメですね。
身の危険を感じます。

今現在も、生活を脅かされているし、故意な異物混入って暴行罪なんだそうですよ。

これは、神さまが、「理不尽なことに対しては、これくらいしても良いんだぞw」って言ってくれてるんだと思います(*´ω`*)

今回は、これが、私の学びの一つ。




あとは、「たとえ、親であっても、頭のオカシイ連中とは、まともに取り合わなくて良いんだぜw相手を変えようとするだけムダw」ってのもあるね。

そして、矛盾しているようだが…
「自分の言いたいことは、ハッキリと言い放つ勇気を持てよ!」ってのもあるな。

そして、「もう、いい加減、自分になれよ。あんた、結構、ドギツイところあるんだろ?それを出しちまえw」ってところでしょうかねー(爆)

いつまでも、やらないと現象が、どんどん酷くなってくるので、このままだと命に関わっちゃいます(汗)




ここまで書いたところで、これ、若干デジャヴを感じたので、もしかしたら前回やられた時に記事を書いているかもです。
UPしたかどうかは分からないですが…

復習的な現象は、結構、立て続けに起こっているので、しんどい。




経験した人だけが知っていることですが…
本来、安心して生活できるはずの家の中が、危険地帯って疲れるんです(´Д` |||)
まるで、エネルギーバンパイアと生活しているような感じ。

これをさっさと、元の安心して生活できる場に転換したいですヽ(´∀`)ノ







スポンサーサイト


毒母に、「そんなに綺麗にしなくていい!」や洋服の格好をけなされたw

注意:今回は、書きながら結論を出すという典型的な女性的思考で書いたので、苦手な方はお帰りいただくか、ご注意ください。




今日、出かける前のこと。

脱毛器で脱毛していたら、母が「そんなに綺麗にしなくていい!そんなの誰も見てない!」と言ってきた。
私は自分が気になるからやっていただけなのに、毒親の典型的発言にウンザリ。

なので、そのままを言って差し上げたら、今度は同意してきた。
『同意するなら、言ってんじゃねーよ』と思った。




私:「自分が気にするから、やってるだけだよ。みんな、そうだよ?
じゃぁさ~、女性で、濃いすね毛がボウボウだったら、どう思う?」

母:「そうだね~。若い人なら引くかもね~」

私:「そうでしょ~?ドン引きするよね?」

母:「ドン引きするね」 ←(#^ω^)ビキビキ





そして、以前、母と出かけた時も、私は今回と同じ洋服の格好だったのですが、、
母が今回は、けなしてきたw

前回は、「あら、いいじゃない♪」と褒めたくせに…
今回は、「なんだい。その恰好…変だね~」を何度も言ってきやがった(#^ω^)ビキビキ

その後、「いいんじゃない?自分が良いと思うなら」って言ってきた。←「はぁ~!??」
これ言うなら、けなす言葉いらないんじゃね。




さらに、「おねえちゃんは、ズボンの方が似合うって今日、思った。足が長く見えるから。」だそうだ。
この言葉、今日が初めてじゃないんですけどねーw

私が女性らしく(?)スカートを履くたびに言ってくる言葉です。
もう20年くらい言ってんぞwww

これが、毒親の嫉妬心ゆえの典型的発言ってやつですねw

そうと気づいて、ムカついたから、こう言って差し上げた。

私:「ロングスカートって、足が長い人しか履けないんだよ?
背が低い人が履くと、地面に吸い込まれるような感じになって、バランス悪いからね。
だから、ロングスカートを履くってことは、足が長いってことなんだよ(^∇^)」

母:「背が低いと、地面に吸い込まれそうな感じかー。それも、そうだね~」 ←「はぁ~!?」




これ、「私、あんたに、けなされるために生まれてきたわけじゃねーんだよ!」って、言ってあげた方が良いんですかね~???
それとも…「お母さんが、私をけなせばけなすほど、私が可愛くてキレイで、女性的だってことなんだよね♪お母さん、私が羨ましいんでしょ?だから、けなすんでしょ?」って言ってあげた方が良いんですかね?ヽ(´∀`)ノ




まぁ…こんなん、言ったとしても、結果は目に見えている。←
「そんなこと思ってないよ!」とか言って、私からも母自身からも逃げて嘘つこうとするでしょうね。
バレバレなのに、ミエミエの嘘をついて逃げる母が目に浮かびます。

自分の娘をけなす行為、これは、本当は、母自身の問題で、娘の私には関係ないこと。

なので、私は、自分の脳内で、「お母さんが、私をけなせばけなすほど、私が可愛くてキレイで、女性的だってことなんだよね♪お母さん、私が羨ましいんでしょ?だから、けなすんでしょ?」ヽ(´∀`)ノって、変換しとけばいいかな…という結論。

(どこかの記事で読んだ。)

ただし、我慢できない時は、上記をそのまま言って差し上げれば良しとする。




-- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - --

あ!これ書いて思い出したんですが、一度、上記の言葉を母に言ったことがあったかもしれません。
その時の母は、目をまん丸にして凍りつき、「そんなことないよ」と、言いながら、まぶたをパチパチ高速で動かしていた記憶があります。

お母さん、早く気づいて改めないと、逃げきれなくなって、乗り越えるのが、どんどん辛くなるだけなのに。
















これぞ、毒親の手口www

親戚の前で、わざわざ私を褒めて→笑顔と言葉で私を貶てきた。

(わざと子どもを喜ぶように仕向けて、直前に、その喜びを取り上げる行為。
自分が子どもの現実に影響を及ぼせるんだwという快感が、麻薬中毒のようにヤメラレナイんだそうです。
だから、“毒親からは逃げて、縁を切って暮らせ”って、どのサイトにも書いてあるのは、こういうところだと、調べた。)

私は、この時、毒母の手口に気づかず、流した。

親戚が帰った後、また時間を置いて、また褒めて→自分の願望を通そうとしてきた。



私を親戚の前で悪く言って、最終的にコントロールしたかったんだな~と分かったが、無意識に逆らって自分を守りました☆

我が子を悪く言うって、母としての自分を自虐していることとイコールなのに、それが分からないから我が子を陥れても平気なんだろうね(笑)

まったく、可哀想な人だ。

そんな手に乗るかっつーの(笑)





ワガママだと笑われたけれど…

「(お嬢様育ちの)毒祖母が、ワガママすぎる」という話の流れから、孫のあなたは、ばぁちゃんソックリだという話に発展し毒両親から笑われまして、、

まず、ムカつきました(笑)

で、反論はしたのですが弱かったみたいで…
その瞬間には、一矢報いることは残念ながら出来なかったのですが…
1~2分後、ちょっとは出来たと思うw

父に、『さっき、ワガママだと、なぜ笑ったの?』と、まず聞き、
『私をワガママだと言う人って、嫉妬してるんだよね~。
本当は自分もやりたいんだけど、出来なくてー、相手をワガママだと言うことで自尊心を保ってるんだよね(´∀`*)!』と言って差し上げました。


父<タジタジ。めっちゃめちゃ焦りだし、こう答えてきました。
『そうだよね~。みんな、ワガママで居たいよね~(汗ダラダラ)』

この反応って、私が以前の私ではないということを忘れていて、やっちまった~状態なのかな?と思いました。

なぜなら、昨夜、父が帰ってきた後、こんな言葉が聞こえてきたからです。
『Rinko。は、もう、前のRinko。じゃないんだよ…』
母が父に言った言葉でした。
その後、父は、暗い顔で、私の居る茶の間に入ってきました。

勝手に想像すると、元彼同居人のスパルタ洗脳で培われた会話術の影響で、自分たちには手におえない、とんでもない子に変わって帰って来てしまった!的に思ってんじゃないかと思った。

(゚∀゚)キタコレ!!
生まれ変わったと、認められたってことなんじゃないかな。

昨日は母が私をコントロールしようとしてきたので、図星を指摘して差し上げました。
どうですかね~?
元彼直伝の聞き流すことが出来ない時の会話術w







衝撃的なことに、私はずっと素直だった。自分に素直。

両親にも祖母にも言われてきた言葉が、『素直になりなさい!』『素直じゃないね!』でした。

だから、ずっと自分は素直じゃない、ひねくれているんだと思っていました。
でも、違ったんですΣ(´Д` ;)

ココのブロガーさんの記事を読んで、自分は、ずっと自分に素直だったことが判明しましたΣ(´Д`;)うそ~ん。
そして、両親・祖母の言う、「素直になりなさい!」の本当の意味も判明しました。


~引用開始~

頑固者って、自分の子どもには「素直になりなさい」って言うのね。

で、その人の言う「素直」って、「わたしの言うこと聞きなさい」なのね。

で、わたしの言うこと聞かないのが「素直じゃない」わけよ。

これ、怖いねー(笑)

子どもから見れば、ただの頑固者のおかんなわけです。


その子は、

他人に素直より
自分に素直

なんです。

素敵ですよね。

~引用終了~


まさに!って感じです(笑)
だからこそ、心療内科の主治医は、『国の機関を使ってでも家族から離れて暮らさないとRinko。さんの人生がめちゃくちゃにされてしまうよ?』と私に言ったのかもしれない…。

以下は、他のサイトさんに書かれていたことですが、、
“詰問されると自己防衛による拒否反応が出て答えたくないと感じる”という、これ。
この詰問、よくされました。
そういうのもあって、こちらの素直な言動や態度を相手が勝手に「素直じゃない!」「ひねくれている」と湾曲し誤解する原因でもあったのかな、と私は思います。

実は、ずっと(自分に)素直だったと分かって、私は嬉しかったです(ノ∀ `*)










Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad