心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


いろんなものを失った身をもっての学び

“目が病んでいないからといって、病んでいないとは言えない”

“人の気持ちの重さに気づけず安易にコトを企てる人もまた、病んでいるんだ”ということに気づいた2013年12月。

少し思うことがあり、再び過去を振り返る。



「どん底まで落ちたきっかけ(当時の日記)」
(とびません;)

これは、今まで経験したイジメの中で一番、辛く悲しすぎるほど悲しかったイジメられた経験。
実際、悲しいだとか辛いなんて言葉では言い表せないほどだった。
心が身体が引きちぎられるんじゃないかと思うくらい、すごく痛みを伴った出来事。

この時から、イジメ臭に敏感に反応するようになった。
(表が善人だからといって、裏も善人だとは限らないわけだし。)

この出来事がキッカケで、今、通所中のB型作業所に行くはめになったことは、以前、記事に書いたと思う。

思えば、この経験をしたからこそ、作業所で見舞われたイジメに立ち向かえるようになった。
(作業所にもイジメがあるなんて、当時、絶望感でいっぱいだったけど…)



「どん底まで落ちたきっかけ(当時の日記)」

この当時の日記は、簡単に言うと、、、

「(精神病の症状の悪口を私の目の前で他人に)言った言わないに持ち込まれた挙句、私がまだ気があった元彼の気持ちを自分へ向け、私の悪口を吹き込み、彼自身の意思でもって、私を攻撃するように仕向けられたこと。私の目の前で仲良く怪しく振る舞っているところを見せつけ、こちらの精神を破壊し楽しむ手法」だった。

彼女がやったことは、人を人とも思わないやり方だった。
さすが、自己愛性人格障害者寄りの女だと思った。

(彼女の特徴:小動物系小悪魔。細身。気が強い。男が好きな女を常に演じる。すごーい!と賞賛される為の嘘をつくことが平気。作業所を去った誰かに似ている。嘘をついても彼女の中で嘘が本当になっていき、自分で嘘か本当か分からなくなっても本当だと信じ込む。言い張る。逆ギレする。“自分に歯向かう者は許さない”って人)


“自分に歯向かう者は許さない”って、どんだけ甘やかされて育ったんだと当時、呆れた。
(この時の私も曲がったことが大嫌いで、筋を通したい気持ちが強く、どうしても見過ごすことが出来なかった。)


私の精神を破壊するという目的を達成した後で、彼女がとった行動は、彼女の駒となり動いた彼に対して、『貴方のことなんて何とも思っていないわよ』という態度をとったこと。それとともに、他の男と付き合うという行動(不倫常習犯)だった。

これ、用済みだということでしょうね。
人を駒としか見ていないということでしょ。

この時、私も彼女も26歳。
(今から4年前だったのか…もっと経っているのかと思っていた。)



私の精神が破壊されたのは、この出来事だけが理由ではなかった。

元々の精神障がい症状により4年間、職場イジメに遭い自信喪失にされたこと。
自信喪失にされたことで、うつ病になったこと。
うつ病になったことで、職場での信頼を失ったこと。

同一の彼女によって、「どん底まで落ちたきっかけ(当時の日記)」と同時期に職場で孤立するように仕向けられたことだった。

うつ病だと知ったのは、何年も経ってからだった。

70人くらいの部署だったけれど、誰も助けてくれなかった。
…ただ、友達が同じ職場で傍に居てくれたのが唯一ありがたかった。
(友達もイジメられ経験者だった。)



少し、思うことがあって、過去を振り返った。




スポンサーサイト


SINBYIの言葉⑦(マイセルフリスト)

SINBYIあたしが変えられるのはあたし自身なんだ

あたしが変えられるのは、

世界なんかじゃない。

あたし自身なんだ。


(EZクリエ-タ-ズカフェ/マイセルフリスト・SINBYI作画より/⑦)


SINBYIの言葉(何の痛みも知らない大人にはなりたくないよ/⑥)

SINBYI 痛みの分からない大人にはなりたくないよ


そんなものあったら

どれだけ楽なんだろう。

だけど なんの痛みも知らない

大人には

なりたくないよ。


(EZクリエ-タ-ズカフェ/イライラ消毒液/SINBYI作画より/⑥)



SINBYIの言葉(GIVE and NOW/⑤)

「もうダメかも」

そう思ったコト

ぼくだって何回もあるよ。

だけど そのたびに

まだ がんばれるんだって

思えたから

今がある。

(EZクリエーターズカフェ/GIVE and NOW・SINBYI作画より/⑤)



SINBYIの言葉③屋根裏リセット④キミが明日をキライな理由

こんな人生リセットしてやるって

放課後屋上まで足を走らせた。

だけど遠くに自分の家の

屋根がみえた。

…帰ろう。

あたしには待ってくれている

人がいる。


(EZクリエーターズカフェ/REAL'S2 屋根裏リセット・SINBYI作画より/③)

----------------------

君を笑った

コトバの数々を

いつか、キミ自身が

笑いとばすコトが

できたなら

そのときキミは

やっと明日をスキになれるんだ。

つよくなれるんだ。


(EZクリエーターズカフェ/キミが明日をキライな理由・SINBYI作画より/④)





Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad