心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


通院日

2ヶ月ぶりに受診してきた。
話そうと思っていたことをメモを見ずに言えた。
最近の作業訓練の変化と母親の変化など。

ケアホームにご飯作りに行って一人で調理したことを話したら、
『調理は頭のいろんなところを使うからレベル高いんだよ?献立通りに作って時間までに終わらせたり…』とか言われた。
確かに頭すっごい使う。レベル高いっていうのは、たぶん作業訓練としてかな。
どうだったかも聞かれたから、すっっごく疲れたことも伝えた。

主治医の言葉通り、母親の変化によって、生きるのがすごくラクになった。


前よりは早く寝れるようになったと伝えたけど、夕べ(?)は夜明けの3時半就寝だったからなぁ…。
(診療前日にいつも遅い就寝になるのは何故だ;)

それとも先週、作業所作業中に幻聴聞こえたこと伝えたからかな…
(水曜の午前中に一時間作業した時に複数の女性による発声練習のようなものが聞こえた。いつものことだけど)

『寝不足は絶対ダメだよ!寝不足になればなるほど幻聴は増えるから』って最後に念押しされてしまった。


スポンサーサイト


抜けてる工賃証明書、欲しい…

先週、職員Tさんに作ってもらうようにメモに書いて頼んだんだが、出来てるのかな(´・ω・`)?
明日か明後日、役所に行って更新手続きしたいから、よろしくお願いします。


ブログタイトルについて

「心が揺れるのは生きている証」

"心が揺れるとはどういうことか"で検索しココのブログに辿りついた方の答えにはならないのですが…
これ実は、ある絵本の文にあった一節なんです。
『ブログタイトルにイイ言葉ないかなぁ~』と思いながら、郡山市うすい百貨店に入っている本屋の絵本コーナーをグルグル。何気なく手に取りパラパラとめくったページに書かれていたもので、偶然か必然か出会えた言葉。

この絵本の名前は残念ながら書き留めておらず分からずじまい。
本当に惜しいことをしたorz

誰か知っている方がいましたら教えてください(切実)。

ここまで書いてデジャヴ…
これ、前にも書いた気がする。




寂しい…

心底寂しい時って、どうすればいいんだろう。

こんな時、みなさんはどうしていますか?

泣いてもスッキリしないから、「心底寂しい時の対処方」で検索



孤独は愛されることでは埋められない

ここでのアイコ先生が言うには、、、

「人は自分には愛を与える力がないと思っているとき、さみしさが堪えるようです。人の愛情をちょっとずつもらうことで自分を保つ生き方もありますが、人からの愛を当てにする生き方は綱渡りみたいでとっても不安定。

さみしさは自分から与える愛情をケチっているときのサインと心得て、いっそのこと気前よく愛情スプリンクラーを稼動させてみては?ありったけの愛情を使うと思いもよらない幸せや喜びがゾクゾクと集まってくるものですよ。」


そうだったのかー(´・ω・`)

どうして寂しいのか自分でも感知できなかったんだ。
だから、検索した。




"暗い顔をして『寂しい…』と言っている人には人は集まってこないようになっている"

そんなこと言ったって少しくらい落ち込んでもいいじゃんよ。
人が集まってこないのなんて、どうでもいいの。

孤独から抜け出す方法もありきたりだし。
やっぱ、これしかないのかー。

"自分がやりたいことを見つけること。夢中になれることを見つけること"


フキの天ぷら作ってみた。



美味しかった(*´`)

(画像はイマイチ。)

原始的な作業をやりたくなり筋取り開始。
包丁使って筋取ったんだが、普段やらない動作ゆえ時間かかった。
2時間位やっていたかもしれない;
結果、手指は黒くなり、ところどころ焦げた食パン状態に…

フキは全部は揚げず…。フキご飯用に少しとっておいた。
今日私が調理しなければ、祖母によって、またしても佃煮にされてしまうところだった。
せっかく、また大量に頂いたのだから、他の調理方法でも食べてみたかったんだよね(´∀`)

ただ、疲れてしまったのは言うまでもないorz



作り方

生のまま筋を取り除き適当な長さに切る。30分以上水にさらし、数回取り替え、水を切っておく。
ボールへ小麦粉カップ1に対し冷水150mlに卵を溶き、フキをくぐし、四角く切ったクッキングシートに載せたまま油へ投入。
表裏ひっくり返しながら揚げる。(クッキングシートは剥がれる)







Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。