心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10月振り返り

あまり振り返るの得意じゃないのですが、知人の影響により10月を振り返る。

・ダニか何かに食われた
・先月同様、作業所の人間関係と親から受けるストレスの日々
・これまでの疲れが一気に出たのか一週間以上寝込んだ

・新たな縁が築かれた
・崩落したと思っていた、かけ橋が復活
・2~3年前に切れたと思っていた縁が復活
・白河市「食と職の市場」?に母と出かけた
・初の子宮頸がん検診を体験

 今月は、先月までよりも少しだけ頑張るペースを落としました。
数ヶ月前も同じように言っていたかもしれませんが…心と身体が、ちぐはぐなまま進めようとしても無駄だと思っているからです。
気持ちだけ焦っても、身体がついていけなければ自分が辛いだけ。

頑張らなければならない時もあるけれど、病み上がりな行きたくないのもあり、思いきって今月は頑張るのをやめてみたのでした。その結果、作業所へ到着する朝の時刻は10時前後となり通所し始め時に戻ったような変な感覚と『いいのかな…』という罪悪感に見舞われ…結局、疲れてしまいました。

自分を許すことや休むのが、どうにもヘタ;で、逆に疲れるというのを今月もやらかした月でした。
来月は、休む時はしっかり休むことを意識して通所なり生活したいと思います(`・ω・´)

今月もどうもありがとうございました。
11月もどうぞよろしくお願いいたします。




スポンサーサイト


ふなっし~好きだ(*´∀`*)



思いっきり笑ったwww


寝込むと長いな。

なんだか身体が熱くてダルくて起きていられず…寝込み始めたのが9月30日で、病院行ってきた。のが、10月4日。
10月7日までB型作業所はお休みを頂き、でも、そんなに休んでもいられないので火曜からは無理して通所した。
が、体温計で測ったわけじゃないけど熱が下がり始めたな…と感じたのは9~10日。

普通の風邪だったら、一週間寝ていて10日くらいで治るのに今回は長引いた。
誰かからも言われたように、季節の変わり目とか今までの疲れ(ストレスだろうね)がドッと出たんだと思うけれど、熱よりも、過呼吸と目頭の骨のところの肉がぎゅ~っと縮まっていての痛みがツラかった。

支援員Oさんの話だと、『目頭のそこが痛いのは、かなり目を使っているということ』だそうだ。

だから、息を吐いてから吸う深呼吸を心がけて過ごしたし、目頭のマッサージもかかせなかった。
12日のおとといくらいから目は良くなっているものの、まだ痛みは残る。

(ストレスを与える施設とか…何がしたいんだ?病んでいない人間が、あそこに一人くらいはいるのかねー?)

あまり根を詰めず、無理せず休めよということだろうか(´・ω・)







アクセスありがとうございました。。。

10月6日、770アクセスを確認しました。
一日だけでは、たぶん、過去最高です;
この日に何が起こったのかと思いました(笑;)

アクセスしてくださった方々、ありがとうございました


自分が思う支援員の理想像。

前にも似たようなこと書いたかもだが、思い立ったから書く。


支援員の本来の姿なんて私は知らないけれど、メンバーの立場から見て、やられたら嫌なこと嬉しいことだったら分かる。

それに、見守った方がいい場面があることも、普段見ていて勉強させてもらっている。

支援員の仕事って、普通に考えて、いつか施設を巣立つメンバー(もいる)が安心して巣立って行けるように居場所を作る手伝いをし、力をつける補助をしてあげることだと思う。
(育ての親みたいな役割かな)

メンバー同士が声を掛け合って教え合ったり助け合ったりしても居場所を確保は出来るんだけど、 それプラス巣立った後…

めげそうになった時などにココに立ち寄れば、温かく迎えてくれる職員さん達がいるってなれば「何があっても大丈夫!」 ってなると思うんだ。

一人巣立った人がいるみたいだけど…
これは自分が思う支援員の理想像。

たとえ、他の施設に散らばったとしても、メンバー側がやって欲しいこと・嫌なことは、基本、変わらないと思うから、自分が気づける範囲になってはしまうけれど、そのつどブログに記していこうと思う。


参考にして頂ければ幸いです。
(ただ、アンテナが敏感なだけに、つけ刃や上辺で言っているかどうかは判断つくから、そこは自分も注意しなくては;)


先週のこと。

お昼の準備でテ-ブルクロスをかけようとしていた女性メンバーHさんと男性メンバーOさん。二人はゆっくりペース。
そこに支援員さんが手伝ってしまい残念だった…ということがあった。

たぶん、近くにいたから思わず手を出してしまったんだろうけれど…そこは二人に任せて欲しかった場面。
女性メンバーさんは内心『えっ、手伝うの!?Σ(´`;)』って思ったんじゃないかな。リアクションみた限りでは…

自分でも思うけれど、黙って見守るって難しいですよね;

結末が分かっていても止められないこともあるし…
(『だから言ったじゃん;』て今まで何回言ってきたか(遠目)……相方は無事だろうか(´`;))




Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。