心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大地震の予知夢

同居人がお昼寝をしていたんだが、突然目を覚まし、こう言った。
「rinちゃん、覚えておいてね。近くに3.11のような大地震がくる。」

   私:「このアパートは潰れるの?」

同居人:「持ちこたえるよ。ギリギリね」
     「自分達は助かる。だけど、その後が大変。音信不通。rinちゃんは口座にお金が残っているけれど、お金は役に立たない。使える状況じゃない。水も食料もない。トイレもない。外は普通に平行には歩けない。常にデコボコ。瓦礫の山を登っている状態」

言うだけ言って、また、眠りだした。
“近く”って、いつ来るのかな?って思うんだが、くることは間違いなさそうだ;
いよいよもって非常用セットを用意したほうがいいな…


信じるか信じないかは自由。




スポンサーサイト


地雷を踏んだみたい…

私:「私に何が作れるって言うの?」

同居人:「そんなこと言われたら何かイヤだ。もういいよ。やめた。材料ないしね」

一緒に夕飯食べたのに、(こんな夜中に)お腹空いたから何か作ってと言われても正直、困る;
ただ、これは、私が悪かったと思う。
言葉がまずかったかな。

ま、これは一日中、地雷を踏まないように気をつけながら生活している中のちょっとしたミス。←
この出来事の前までは、一日うまくいってたんだけどな


ことのなりゆき

同居人に、「『お腹空いた…』って言ってんのに、rinちゃんは知らんぷりなんだ」みたなことを言われた。

おもむろに台所へ行ったものの…どうしようかと悩んだ。←料理が苦手。レシピ見て作るタイプ。

「カップうどん…オムレツ…おもち、何がいい?」
「なんでもいいよ」

(冷蔵庫にあるもの:卵・キャベツ・漬物少々・生切り餅)

やかんを手に取ったら、「結局、カップめんなんだ…」と言われ、うっかり「私に何が作れるって言うの?」の言葉が出た。
ただ、それだけ。

「『お腹空いた』って言われたら、俺に何が作れるって言うの?って今度言ってみようかな」…って意地悪だ。


『なんでもいいよ』って言ったじゃん!って言えば良かったのかな

対策:夜中の一時には布団に入って寝る。




新年!

新年あけましておめでとうございます!
昨年は大変お世話になりました。

昨年は踏んだりけったりなことが多く、2015年が厄年なのに…もう厄が来ている状態でした:
施設の職員とバトル&両親とバトルになったり、交通事故に2回遭ったり。
家族との縁が薄くなったり。
母親の勝手な都合によるもので、こっちが保険の素人だと思って嘘でお見舞金ふんだくられそうになったり。

良かった面としては、親との引き離しによって保護されたこと。
心療内科の主治医が、話の分かる人で筋通っている人で家との引き離しを提案してくれたこと。
主治医が同居人と連携して、私が自立していけるようにもっていこうと提案してくれたこと。
(同居人の話術に引っかからない人、初めて見つけた!主治医スゴイ!稀に見る良い医者)

焼肉連れてってくれた方…感謝です(*^_^*)♪

2015年は物事が良い方向に進み発展していける年になりますように。
今年もよろしくお願いいたします。




  TopPage  



Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。