心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


会津若松市七日町通りに行ってみた☆3

はい、二階ですv

二階へ行こうとした時に店員さんに『お寿司屋さんがあるので、良かったら入ってみてくださ~い』と声をかけられました。
「はい!」と返したものの???って感じでした。それもそのはず、行ってみて分かりました。

昭和なつかし館(10)_convert_20110921152101
昭和なつかし館(11)_convert_20110921152424

そりゃ、本物のお寿司屋さんのわけないですよね~(笑)
完全再現でした。お刺身とか本物に見えるし。日本の技巧がこういうところに活かされているわけですね。

偽物とわかっていても触りたくなるwそれが人間の性でしょうか(*^皿^)

もう少し拡大したもの↓
昭和なつかし館(12)_convert_20110921153345


少し歩くと昔の家電製品の展示がずらりとありました。この辺の床がギシギシと軋むのでご注意ください。

昭和なつかし館(13)_convert_20110921153931

その後ろを振り返ると丸いちゃぶ台に食事風景が再現されていました。
こんな感じで…

昭和なつかし館(14)_convert_20110921154622

ここまで、まったくフラッシュをたいていないので見えにくい

昭和なつかし館(15)_convert_20110921155653

右手側を見るとちゃんとタンスがありました。

昭和なつかし館(16)_convert_20110921160812


一緒に同行してくれた二十歳の弟とお留守番組の15歳の弟は、中学の時に来たことがあるそうです。
私は来たことがなかったので、一人で、はしゃいでいました(苦笑)



さて、帰る前に自宅へお土産を買いに、お昼を頂いた味噌屋さんに行きまして帰りを急ぎます。
帰りはなぜか裏道の細い道路を歩くことに・・・
姉弟して方向音痴なのに、なんで冒険しちゃうんだろう(・_・;)

この日朝は寒く小雨でしたが会津は日中猛暑でした。雨降るっていう天気予報は何だったんだ!?
傘2本が邪魔でしかなかったです。味噌のお土産を買ったあたりから傘二本を弟が持ってくれました。
それはそれは、ものすごい勢いで『傘くらい持つよ!持たせてくれ!』とな・・・

彷徨うこと30分以上・・・
彼の背中も顔も汗まみれ。鍛えているとはいえ、傘が重かったみたい。気づけず、ごめん;と後から反省

さすがにこれ以上は彷徨っていられない!ということで広い道にたどり着きました。
会津若松駅に無事たどりつくと、大混雑。そう、3時前に起こった震度5弱?の地震の影響で電車到着時刻が遅れていたんです。

今のうちにお土産買っちゃおうということで、お土産を購入。
弟が機転を利かして『バスで帰った方が早いんじゃない?』ということで帰りは郡山駅前行きのバスで帰り、その後、17時代の電車が20時過ぎに到着。その電車に、なんとか乗り込み自宅へ帰ることが出来ました。

『行きもバスで行けばよかった~!!』と自宅に着いてから叫ぶ弟の図。
『でも!そん時は気づかなかったんだもん(;□;)』

その方が断然安いのです;


『付き合ってくれてありがとね』と言ったら『いや、別に、僕も行きたかったから・・・』とな。
優しいやっちゃ(やつだ)ww



それでは、ここまで読んで下さり、ありがとうございましたm(_ _)m




スポンサーサイト




Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad