心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


組み立て作業に意地で食らいついた。

おとといの金曜日にやった仕事(作業訓練とはいえ仕事は仕事です)は前々職でやっていた組み立ての作業だった。いつもと違うところは、組み立て作業ということと、組み立てると、そのまま製品として店頭に並ぶところだ。

作業工程がたくさんあって3回4回に分けて作業した。「出来るところまででいいよ」とは言われたけど、やっぱり意地とかプライドがあって、一通りを教えてもらいながら工程を繋げて出来るように、教えてもらったことを少しずつ少しずつ思い出しながらやった。


精神的に病むと記憶力が愕然とするくらい落ちる。それで、当時は梱包担当だったけど3工程すら覚えていられなくて、メモ帳に書いて一台やるのに何度も見返しながらやった苦い経験と確認作業が辛くて辛くて耐えられなかったことを思い出した(これの前に確認作業強迫症を発症していた。一台の製品に対して4~5回確認作業しても不安だった)。

今回も一度に頭に入れられる工程は3~4工程だった。工程から工程同士を繋げる作業と思い出す作業が難関だった。ここ一年の間で一番の難関だった気がする(苦笑)ギギギギギと音がしそうな働かない頭を無理やり動かした。そのくらい、頭を使えていなかったということなのか;

分からなくても、すぐには聞かず、思い出す時間稼ぎに覚えてる工程までをひたすら作った(笑)他の工程も同様。
工程が抜けるとバラすのが大変(ラジペン使わないと…ていうか壊れる恐れが;)なので、職員さんに見ていてもらいながら作業した。

180分中、現役時代だったら少なくても60個は出来てたと思う。それには遠くおよばずだけど、その半分くらいの数を一通り通して完成。ノルマ無くて助かりますv






スポンサーサイト




Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。