心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


1月31日作業内容

マウントベースCP
(ニッパー)

午前 53個
午後 64個

合計117個

Aさんに『最高記録じゃない?』って言われたけど、これって…いつもの私の数っていうのを覚えてるってこと?
何か嫌だ・・・((((;゚Д゚))))

気づいたことがあって、彼女って、こちらが譲ったり肯定するまで「でも~でしょ。」って、言い続けるんだよね;今日もそういう状態だった。

『不良あった?』って聞かれたけど、検査しながらはやらなかったから『見てない』と言ったら、『でも、うちは一応見るようにしてる』とか言ってきた。本当は見たほうが良いんだけど、『朝、ひと箱やってくださいって言われたし。どうせ、ひと箱自分でやるから、やらなかった』と言った。

『でも、・・・・・』と言われた瞬間、話聞くスイッチが自動的にOFFになった為、その後に続く言葉が思い出せない。適当に肯定して話を終わらせたのは覚えてるんだけどなぁ… ←

ここでは『でも…』と二回しか書いてないけど三回出てきたきがするんだよね。二回目で嫌な気分になって三回目で自動的にOFFになった感じ。これも定かじゃないけどさ。


いちいち否定してこなくてもいいじゃん。めんどくさい。

最近特に思うけど、私が数いくことが、そんなに嫌なの?
なんとか自分が上であろうとする様子が目立つ。

こっちが何も気づいていないとでも思ってるわけ?
もう、そこまで鈍感じゃないよ(´・ω・`)人を見る目、鍛えられてきているからね。


みんなの前とか表面的には、面倒見がいい人って感じの振る舞いしてるけど、実際は違う。これは、職員さんに言ったところで信じてもらえないと思う。施設長なら聞いてくれるかな…。

みんなに分からないように汚いというか、ずる賢いというか…を平気でやるっていうところも、そういう態度を改めようとせず度々やってくるところも、私をいじめた職員と同じ。一見、無自覚っぽいけど、言動を見ていると計画的というか策略的なものを感じる。本当のところは分からないけど…

この前も男性職員TさんとNさんがAさんにボウシン運びで手を貸しすぎていると思ったんだけど、今日も耳聞こえないMさんがAさんと私に手を貸しすぎすぎていると感じたから、私は他の職員さんに『お昼終わった後、箱を運ぼうかと思ったら、既に運んであったんだけど、一箱くらいだったら自分で運びたい。一応体力もつけたいし』と話した。

(もう少し、待つというか見守って欲しかった;せめて一緒に運ぶとかさ…)

その後、結構すぐ、Aさんがボウシンの箱を運ぼうとしていたら、途中でやっぱりMさんが運んでしまった。
彼女が片手を開いたらペン2~3本片手に持ったまま運ぼうとしていた。だから、『指三本じゃキツイ;助かった』と言っていた。

私には、『自分は助かってるんだから、これで良いんだ』という想いを拒否行動をすることで抵抗を示したかったのかな?と思えた。あれだけボウシンばかりやっているのに片手指三本で運ぼうなんてするかな?だから私には意図的なものを感じた。

直近ではこういうことがあったし…↓
http://3omaco.blog89.fc2.com/blog-entry-1555.html

元職員Hさん&チリチリ頭の人、自称か弱いおばさん、いじめてきた職員Tさん、上記のいつものメンバーAさん(&耳聞こえないMさん)。このうち、私に楯突いてきた人5人(Mさんを除く)

(元職員達は利用者よりチョットでも下になりたくなかったというのは分かってるけど、こんなに大人しくやってるのに、何が気に入らないのかな?目つき悪いのかな…そこにいるだけで怖いとは前々職で言われたことあったけど)

あれ?これ・・・私がトラブルメーカーになってないか?∑(O_O;)ショック
みんな私に興味あるんだね。←

何かで読んだ通り、「隠れていることを表面化させてしまう何かを(私が)持っている」とも言えるかもしれない。






スポンサーサイト




Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad