心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


無意識の自己防衛を認めようとしない親友だけれど…

モラルハラスメント(モラハラ)について

どんなに、具体的に示してオカシイよ?ちょっと異常だよ?と言っても、一度自分でこうだと思ったら頑固な彼女。私に、『別れた方がいいんじゃないか』と言われると思っていたのか、『大丈夫!心配しないで!』の一点張り;

私は最初から、「別れたくない人向けの対処法」をなんとか伝えようとしていただけなのだが…;;

どんなに『大丈夫!』だとか、『心配しないで!』などと言ってきても、旦那さんのあげ足とりに対して疲れている様子もあったし…、無意識の自己防衛なのか『りんちゃんの弟たちがめっちゃ頭良い』などと口走り、旦那さんを退けようとしていたり…目の当たりにしたのは事実。

私の職場にも○○男(事情により伏せる)がいて、仕事上一年以上に渡り、関わってきて周囲を引っ掻き回したり、異常行動・異常言動も目の当たりにしたり周囲から話を聞いたりと、実際の経験もあって、彼女の旦那さんがオカシイと気づいたのも事実。

私も親友もどっちも頑固だから、モラハラにとっては仲違いさせやすいと目論んでいたのかと思うと腹が立つ。

モラハラの行動パターン段階でいうと、今の彼女は1~8段階の内、「4.つまらないところから少しづつ貴方の人格を否定し「彼ら」の物言わぬ要求が始まる(精神への圧迫)」の段階。

そんな彼女に、お願い(>人<)というかたちで、「モラ夫対策は、妻が夫の立場になってみることから」を絶対○ちゃんの力になってくれると思うから、読むだけ読んでもらっていいかなと伝えた。付き合いの長い彼女も私のしつこさは身にしみて分かっていると思う。

だけれど、きっと読んでくれると思う。
無意識では自己防衛するべく責任転嫁したり、スゴイと言われそうな人物を使って旦那さんを退けようとしていたわけだから…


スポンサーサイト




Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad