心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


私を本当に好きなら、なぜ性病検査をしなかったのか。

いい雰囲気になったとしても、男性側から止めて、『ごめん。俺は性病検査やってからって決めてるんだ。本当にキミのことが好きだし大事で、うつしたくなくて…だから、今日は、ごめん』

それか…

『性病検査、一緒にやらない?俺だけ、やってもいいけど、やったことないなら一緒に。キスからも、うつるのあるし、それに…温泉好きでしょ?温泉で、うつるものもあるし…。キミのことが本当に好きだし大事。性病なんかに、かかってほしくない。それに将来、キミの子に遺伝しないためにも』

と言うとか、、

私の偏見かもですが…男性側から言うのが筋だと思うのですが…
私は、いまだかつて一度も言われたことが無いです;


なぜ、この話を出したのかというと、あるブロガーさんが書いている記事を読んで、衝撃を受けたからです。

“私と付き合いたいなら、性病検査を受けなさい”

この言葉で、モヤモヤしていた気持ちが晴れました。
女である自分が自分を大事にするっていうのは、当然のように、こう言えることでもあるんだな…と。

正直、女性側から言われてから応じるような男もイヤだけど(応じない男は論外)、言えなかった女の自分もイヤだと思いました(自己嫌悪)。
(相手に嫌われたくない・失いたくない気持ちを優先してしまい、自分を大事にすることを怠った過去の自分)


過去の交際時に、『愛してる』だの『好きだし本当に大事だから、そういう言動・行動してるでしょ?一貫してるでしょ?』と最もらしいことを言われたことがあったのですが…
ならば、なぜ、性行為するとなった時に、当然のように生で入れてきたのかが理解できないんですよねー。

キスから、うつる性病もあると知っていながら、なぜ?
温泉で、うつる性病もあると知っていながら、なぜ?

まぁ、私自身が自分を大事にする生き方をしていなかったので、相手も私を本心から「大事にしなくちゃ」「大事にしたい」と、思えなかったのかもとも思いますが…
もし、お金が無いなら(どんな人だ)、親・きょうだいから借金してでも性病検査は、するべきだと思いました。

(本当に好きなら、ヘソクリからも出せないなんて、ありえないんじゃないのかな。…女を私を見下していたと捉えられる)

性病検査しないならしないで、最初から最後までゴムをするのが相手(女性とか男性とか)への最低限度の礼儀だと私は思います。

(男性側から当然のように、最初から最後までゴムをつけ、イク時は抜きながらしてくれた人。
私から、『最初からゴムしてくれれば、いいよ』とお願いして、言うことを聞いてくれた人。
どちらも、3~5歳差と自分と歳が近い若い人でした。

逆に、当然のように最初から生で挿入してきた人は、いずれも年輩者でした。
自分の中に、年輩者=いいかげん、だというレッテルが貼られました。

意外と若い男性の方が女性を大事に扱ってくれるのかなと、自分的には思っています。)


それすらせず、『生の方が気持ちいいはずだ』『途中から付けるから!』とか、『好きの気持ちがあるなら、粘膜のこすれ合いをするのが当然だ!』とか、『ゴム無しだと、妊娠したときに言い逃れできないから、言い訳するために避妊具つけるんでしょ?という女もいるよ?』(バカ女)なとと言ってきたのは、、

自分を大事にする生き方をするようになった今の私から言わせれば、ただ男性側が生でヤリたいことを正当化するための、もっともらしい言い訳にしか思えません。

逆に、女性側が『ゴムつけるとゴム硬くて痛い』と言ってきたとしても、男性側はその言い分に乗っかって生を勧めたりヤルのはアウト。そこは、叱るところだろ。
女性側も、ヤリたくない意思を『』の様に遠まわしで言うのアウト。
(お互いに遊びと分かっている上で、性病にかかってもいいと割り切っている場合はセーフ?かもですが、『愛してる』『本当に好き』『大事』とか言ってる割に、性行為に関しては行動が伴っていないからアウトってことです。
これを逆手にとって、相手が本気か遊びかを確かめるために、わざと吹っかけて、どう出るかを見るのには最適かも;)

(もし、生がいいなら、男性側など相手にも進言し一緒に性病検査を受けた方がいいですね。
最初の方に書きましたが、男性側から言うのが筋と思うのですが、、
女性側から、“性病検査を受けて”と言えないのも問題で、言えない人っていうのは、女の自分を大事にしなくてもOKよ・都合よくしてOKよと言ってるも同然=自尊心が低い人ってことなので要注意。

『性病検査してくれない相手なんて、こっちから願い下げだ。ゴラァ!』という、もっと、強い心を持つ必要あり。)



いろいろ書きましたが、、
結局、自分の過去の恋愛は、結婚前提ごっこであり恋愛ごっこだったんだなーと思いました。

タイトルの結論が出てるようで出てないですね;

本当のところは本人にしか分からないわけですが、、
おそらく、私を本当に好きというわけではなかった or 好きだけど、そこまで大事に思えなかった or 自分の年代よりも若い裸体が欲しかっただけ…だったのかなと思います。

もう一つ挙げるなら、現実の本当は、いいかげんな自分を見ず(否定して)理想の自分像を通したくて、本当は間違ってると理解していることに対し正当化に向かってしまったのかなとも思いました。(簡単にいうと、性欲に負けて、それを認めたくなくて正当化)

(書いていて、わけが分からなくなってきました;)


性病検査してくれる人・言える人=本当に相手を好きな人であり大事にしてくれる人で、自分をも大事に出来る人

逆に、性病検査してくれない人・言えない人=結婚前提ごっこ・恋愛ごっこ・結婚ごっこを希望していると思われて当然だし、自分をも大事に出来ない人


つまり、本気なのか“ごっこ”の遊びなのかの一つの判断材料になるとも思いました。



関連記事
スポンサーサイト

<< あなたは私で、私はあなた。  TopPage  伝えたいことを伝えたい時に伝えたい人に言うようにした。 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad