心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


自分が変われば他人が変わる・変わりつつある。

「ぉおりゃ~~!!!」と思いきって飛び込んだ現実は、そんなに悪くありませんでした。


なぜなら、毒父が私との親子関係修復を試みていると感じたから。

・普通に話しかけてくれたり、
・一緒に探し物をしてくれたり、
・父自身の入浴後、用事の無い時は早めに二階の寝室へ引き上げてくれたり、

・私が入浴中は浴室に近づかないとか
・視線が合わないように会話してくれたりと

私が望む普通の事を普通に、やってくれている。

ただし、距離感が近くてイライラ。パーソナルスペースもっと配慮しろよ。
(人との距離感がおかしい=発達障害か人格障害が入ってるのかな?と疑われても仕方ないことをする→これは直らないみたい;)



もしかしたら、再会時、私が最初に父の体調を気遣ったり、以前の私のキャラでは想定できないような真逆といってもいいくらいになったことと関係しているのかなー?と勝手に思いました。


以前の私
・何を言われても言い返せない。
・自分の本音より他人の気持ちを優先。
・モノを言ってきた相手に対し黙って耐える。
・リアル世界の裏やブログで文句を言う。
・大人しい印象(本当の自分を殺して生きていた)。
・ネガティブな思考。

現在の私
・他人の気持ちより自分の本音を優先し自分を満たす。
・言いたいことは、なるべく、その場で本人に伝える。(本人に文句を言う)
・リアル世界の裏やブログで文句を言う。←
・嫌いな人種によって、心に土足で踏み込まれた場合、相手に一矢報いる言葉を吐く。 
・時と場合により、ぶりっこwだったり幼子だったり変身する。(本当の自分を出して生きている)
・ポジディブな思考になり表現の仕方も明るくなったらしい。
      

毒父に対して、毒母も毒祖母も相変わらず、最初から、『あれやったら?これやったら?』と指示してきたものの、、
私が、やらないように何度か指摘したところ、第三者からもキツく注意されているのもあってか、毒母は、そういう指示は、あまりしなくなりました。

毒祖母の場合は、認知症が入っており、一時的に指示しなくなったものの、数日でまた元通りの繰り返しなので諦めました。

それで、最初こそ、毒母&毒祖母の言葉攻めにより身動きがとりづらく、この人らのペースに取り込まれそうになったのですが、、

主治医と第三者の言葉を思い出し、繰り返し心に染み込ませたおかげで、自分のペースを取り戻すことが出来ました。

本当に感謝です


---------------------

毒両親・毒祖母からしたら、私が自分たち家族に口答えをする(自分の気持ち・文句をハッキリ言葉で伝える行為)って、相当衝撃的だったみたいで、最初の頃は、とても受け入れられないといった様子でした。

これを書いているのは2017年1月10(火)なのですが、昨日も毒母は抗っているって感じでした。
なぜなら、、もっともらしいことを言い、私をコントロールしたい気ムンムンで、、

詳細は省きますが、、

『それって、以前のあなたに戻った方がいいんじゃない?ってこと??そういう風に言っているように聞こえたよ?私は30年近く耐え忍んできたんだけど…。お母さんは、以前の私みたいに、誰に何を言われても何も言い返せず耐える私に戻って欲しいの?』と文句を言ってさしあげましたw

(30年近く耐え忍んできた:乳幼児期に、おしめが濡れても泣かず、おしりを真っ赤にして待っているような子だったと聞かされて育ったw見た目、よく大人しい子だと思われてきたし、そう振る舞ってきた。でも実は、持って生まれた魂は真逆の性質だと言われたし、事実、そうだと思う。育った環境と育てられ方で、失ったものらしい。)

これ、図星なんじゃないですかねー(゚∀゚)
一筋縄ではいかない、境界性人格障害の毒母は、搾取用の私をコントロールしたい欲求を離れて住んでいた時から、私が変わったことで封じられてきたので、また、その欲求が噴出しているって感じでした。

まぁ、毒母の思い通りには、させませんがw(´∀`σ)σ






関連記事
スポンサーサイト

<< ワガママだと笑われたけれど…  TopPage  新年のご挨拶 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad