心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


元彼の当時の誘導が、色々おかしいことに気づいた(笑)

注意:白黒ハッキリつけたい方や完璧主義者の方は、ご注意ください。
文章途中の書き方にイライラしますから(笑)



この記事の話は、大体3つです。


まず、マイナンバーカードの通知が届いた時のこと。

私が通知を片手に持ち、もう片手に大きめの茶色い封筒を持っていた私に、元彼が一言。
『マイナンバーカード、その茶封筒に入れといたら?』と誘導。

この当時、何の疑問も持たずに誘導に乗ってしまった。


その後、別れるとなった当時、彼の家を出る時に確かにバックに入れたにも関わらず、実家でバックを探るも…なぜか無くなってて驚いた。
後日、交番へ紛失届けを出すはめになりました

何これ?って、今、思う。

届いた封筒に入れて、そのまま保管するのが普通なのに。
これって、身近なターゲットの私が、あとで困るのを喜々とするためにやるんでしょうかね~。
わけわからん。




次、障害年金受給にあたり、、

『通帳が100万超えたら税金が引かれるから、超えないように他の通帳に移したり送金した方がいいよ!施設に居たパートさんたちも、金額超えないようにしたいって言ってたでしょ。』と助言をされた。

今思えば、年間あたりの収入金額のことであって、通帳金額のことでは無いことは明白なのですが…
この当時は、なぜか信じてしまい、ゆうちょを選んで送金した。

そして、その後、またしても、なぜか暗証番号について元彼に聞かれまして、、

『私のゆうちょ通帳は、そもそも奨学金返還用の引き落とし専用に作ったもので、自分では、めったにおろしたり使わない。だから、暗証番号は、いちいち窓口に行って、職員に付き添ってやり方教わりながら変えて、おろすことになる』と言ったら…

その元彼が焦りだしまして、私は不思議に思ったのを覚えています(笑)

他にも、ゆうちょ以外の普通通帳の2つ目の通帳が、なぜか紛失した時に、「通帳番号も控えてないの?」と聞いてきた時に、なぜ気づかなかったんだろう?











………なんてね☆





私が以前、彼に話していた銀行印だと思っていた印鑑が、後日、銀行窓口にて銀行印じゃなかったと判明しました。
そして、銀行印だと元彼に話していた、この印鑑も、なぜか紛失していまして…

当時は気づけなかった部分もあったけれど…
今になって、ハッキリと、いろいろオカシイことに気づく(笑)




昨年くらいから、財布から現金・残金数百円の預貯金通帳・印鑑(中学卒業の記念品)・ネックレス(自分で買った2万のと母が買ってくれた8~10万のもの)といった、いろんなものが、ある日突然なくなっており、、
(2016年9月29日の日記参照)



どこまでも、ターゲットの私をバカにして、金品を搾取しようとしていたことが明白ですねー。





私は自分の財布から、お金が減っていることに最初に気付いた時から、ある程度の損失は仕方がないと腹を括りつつ、ずっと様子を見ていました。
しかし、この元彼が、自身を省みることは残念ながら、ありませんでした。
おそらく、彼は自分の私への不当な行為を正当化していたんだと思います。

まったく、お天道さまに顔向け出来ないような生き方はしたくないですねー。

まぁ…いい勉強になりましたw

やっぱり、人は見た目が9割ですね~




関連記事
スポンサーサイト

<< 論破したい気持ちをグッと抑えて、当たり前のことを言って差し上げた。  TopPage  希望の結婚相手の特徴w >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad