心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


①昨日の話合いについて/なんだか、謀られてしまった感じがした。飴と鞭を使って。

彼が仕事から帰宅後の結論は、私が「他の人と住みたいという話を私から出さなければ、彼は言わない。ただし、キメたい(離れたいと決めたいとかの意味かな)って場合は別だけど…」とのこと。

「苦しい思いをさせて、ごめんね。
俺が今日、(主治医の)先生と、どんな話をしてきたか聞いたから…」と謝罪された。

(これ、今日だけの話ではないんだよね。
彼は私が友達や家族と会って話した内容も、いつも細かく聞き出そうとするもの。
だから、この時だけ、謝罪されてもね~って感じ。今更でしょ。)


私も素直に言ってしまったからでもあるけど

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今日の話って、いわゆる、や〇ざの話術ってやつなのかな…と思った。
そして、なぜか、あの元施設長と被って見えた(笑)

優等生に、や〇ざバージョンプラスされたみたいな感じもする。

彼には「脅迫してないから」と否定されたけど…

相手の本心を聞き出すために、相手に悟られないように、話の途中途中に脅迫して、さんざん聞き出しておいて、、
「俺は裏切らないからね」とか最後に安心させるような言葉を持ってきたのを聞いたから、余計に…かな。

善を装った悪が、見え隠れしているように感じた。

まんまと彼の話術にハマってしまったのかもな~とも、うっすらと思った。

彼の真意を言葉通りに受け取っていいのかどうか分からないけど、や〇ざの話術なのかな…と思うと、自分がコントロールされているようにしか思えない。
そういえば、これまで、何度も、こういう話術だったな…と、ふと思った。

「現実的に考えて…一人暮らしするのも難しいし、知り合いの知り合いから探すのも難しいし」の考え方は、確かに難しいと思う。




関連記事
スポンサーサイト

<< ②昨日の話合いについて/なんだか、謀られてしまった感じがした。飴と鞭を使って。  TopPage  いまだに自分の心の弱さに対して、私をダシにして抑制力にしてきたのは、残念だったし呆れた。 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad