心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


私の純粋な瞳に対して畏怖でも感じたんでしょうかねー

先日、中年の飛び込み営業マンが来訪しまして、、

その方の去り際の様が、まるで熊に出くわした時の対処と、なぜか似ていて(似て非なるもの)、面白かったという話を書いていきたいと思います。




私が営業話をお断りして、その営業マンの顔を見た直後のこと。

出入り口から一歩でお帰り可能な距離w をその営業マンは、なぜか…

私の顔をみながら少し後ずさりし、自分の顔を右側へ

また私の顔を見ながら少し後退りし、自分の顔を左下側へ

また私の顔を見ながら少し後退りし、自分の顔を右側へ

…をやり、一言添えて去っていきました。




面白かったw




あれって、私の純粋な瞳に対して畏怖でも感じたんでしょうかねー

…というのも、私の瞳、ここ10年で一番澄んでいるので (。◕ ∀ ◕。)

4月11日(火)には、主に左側の瞳のそばで白いキラキラを目視確認しています♪




そういうわけで、中年の飛び込み営業マンの去り際の様が面白かった話でした。











関連記事
スポンサーサイト

<< つまらないけど、それも必要な時期なんだろう。  TopPage  自分の好きな人の特徴 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad