心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


“楽すれば、楽が邪魔して楽ならず。楽せぬ楽が、はるか楽々”の本当の意味

自分がブックマークしている人の記事をなんとなく読んでいたところ、、
リブログ続きの記事を読んでいたら辿り着いた。


“楽すれば、楽が邪魔して楽ならず。楽せぬ楽が、はるか楽々”の本当の意味を記事にしている方を発見して、コレだ!!と思いました。



うちの毒母が、よく私や弟たちに、言い聞かせてきた言葉がタイトルの「楽すれば、楽が邪魔して楽ならず。楽せぬ楽が、はるか楽々」の言葉なのですが、、

彼女は、それと合わせて、「“苦労は買ってでもしろ”って言うでしょ?」と口にしてきました。
彼女は今も、そう信じて自ら苦労続きの人生を歩んでいますが…


私も弟たちも、「そうは思わないよ?」ってのが答え。



私は、「楽すれば、楽が邪魔して楽ならず。楽せぬ楽が、はるか楽々」の本当の意味を記事にしている彼女の言葉を読んで、しっくりきました。
あー、そこに繋げて考える方法があったのかー…彼女らしいwみたいな。



この彼女のブログ記事を最初の頃は、『ぶっ飛びすぎてて、ついて行けない!』と思っていたのですが、、
なんか嫌いじゃなくて、たまに読ませて頂いております♪

全部読んだわけじゃないし、全部が全部じゃないけれど、納得できる部分があって、彼女の紡ぐ言葉を読むと心が震えて涙が出てくることもあるんです。そして、気分が落ち着くこともある。

私には浄化作用があるらしい。



ここまで、書いたところで、『あー、コレ前にたぶん書いたわー』というデジャヴが出てきました。
また、この記事に出会ったということは、自分の潜在意識から何かしらメッセージがあるのかもしれない。



















関連記事
スポンサーサイト

<< 自分の昔と今を比較し書き出した。  TopPage  「どちらを選んでもいいんだよ?」と言われている気がする。 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad