心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


自分の昔と今を比較し書き出した。

昔の私を知っている人たちは…

今の私と接すると、たいてい驚き、戸惑う。
そして、対応に困ったりしている( ´艸`)

私のあまりの変わりっぷりに、中には悲しそうな寂しそうな表情になる人たちもいる。


自分としては、今の自分が一番好きなので、そういう人がいると複雑な気持ちになる。



また、かつての恩師の一人は、今の私の外見を見ても、私だとは認識できないらしい。
固定認識的イメージが違うからだと思う。

(ピンクのメガネをかける子ではないというイメージ)



また、ある隣人の商売人は、私にも家族にも見下し発言をやめ大人しくなったw
私が私立高校に行くことが決まったあたりから、あからさまに私を含む家族を見下し続けてきた人なのですが…

実家に帰ってきた、私の大きな声や私と直接、会話をしてみて、バカにできないと思ってのことなのかな…と思ったり。

昔は、「物静かで大人しく目立たない子で、あまり、モノも言わない子だし、私立高校へ行くような頭の悪い子だから、何言っても言い返せねーべw」 と思われがちだった(T_T)








以下、私の昔・今の比較。
これで、より自分を自分で知ることが出来る。




昔→大人しくて暗い。

自他共に認める根暗っぷり。


今→メガネ外せば、一見、大人しく見えなくもない。

鬱でも、だいぶ明るい(自己防衛かな?と自分で思う時もあるが、本来の私の性質なんだとも思う)。
下記と矛盾するようだが、刷り込まれてきた根暗は、時々顔を出す。


- - - - - - - -


昔→あまり話さない。

自分の気持ちを言語化することが難しく苦手だったこともあり、自分の気持ちも、あまり言わなかった。
たまに言ったとしても、毒親&毒祖父母に「まったく、あんたは素直じゃない(な)ね!」と、否定されるから、余計あまり口にしなかった。
いつも理不尽な気持ちで、いっぱいだった。

ストレスは、いきなり爆発させていた。
人にも物にも当たるし、紙に書きなぐったりもしていた。
それでも、語彙も少ないし表現力も乏しくて、スッキリすることは無かったと思う。



今→よく話す。

ここ一年半くらいで、急速に自分の本当の気持ちを言語化できるようになった。
そして、すぐ口にする。

(あの、生命の危機に瀕していたのもあり、自己防衛本能による成長意欲が活発化したためだと思う)

語彙も表現力も増えたし、感情を感じきることが出来れば、一時的にスッキリすることは可能。


- - - - - - - -


昔→毒親&毒祖父母に命令されるのがキライな子。

それでも、両親にコントロールされながら育てられていたこと30歳くらいまで気づかなかった。
命令されると、いつもモヤモヤしていた。


今→自分は命令やコントロールされるのが本当にキライだと自覚した。

前世は、支配者側だったとしか思えんw
だから、前世で下々の民だった現世の人たちに命令されコントロールされそうになると反発心が強烈にでるんじゃないのかな…と、なかば本気で思う。

ただし、尊敬している人物に命令されると普通に受け入れていたりするw

語彙も表現力も増えて、命令されても、拒否することが可能になった。
モヤモヤは少しするけど。


- - - - - - - -


昔→あまり笑わない。


今→鬱でも普通に笑う。

ここ2年くらいで、急激にホウレイ線が目立ちはじめた。
目尻にシワが無いのが救い。


- - - - - - - -


昔→イヤミを言われても気づかない。

もしくは、あとから気づくことが多かった。
瞬時に、気づいたとしても、いい子の部分が足を引っ張り、何も対処できないでムカムカ、ストレスを蓄積させていた。


今→瞬時に気づくことが多い。

そして、相手によっては反撃したり対処を試みることも可能。
いつも、成功とはいかないけど。
(数か月単位で、ここで足止めを食らっている。)

ストレスは、適度に抜いているつもりなのに、いつの間にか蓄積している。
そして、やっぱり、ある日、突然、爆発する。
人にも物にも自分にも当たるし、紙に書いたりもするし、なんなら、ネットにも垂れ流す。


- - - - - - - -


昔→声が低くて、小さい。


今→声が高くて、大きい。

こんなに大きい声が出せるようになった自分に驚く。
ただし、地声や地声の出し方をちょいちょい忘れて困る(笑)


- - - - - - - -


昔→ぶりっこキライで、堅物。


今→ちょいちょい、ぶりっこ。

実は、ぶりっこが羨ましかった。
興味津々で、やってみたかったこともあり、、
ぶりっこな幼馴染のマネをあの、生命の危機に瀕していた時に突発的に実践してみたら、アイツに効いたので、私なりの自己防衛方法として身に付いた。

(大人な人が、大人っぽさを維持したまま、対処している様を私がマネをし続けていけば、おそらく私も大人っぽい人になれるだろうと思う。これが身についた時、社会復帰も成功に繋がるかもしれない。

ただ、今は、もう少し、今の自分で居たい。自分の気持ちを表しやすいから。)


- - - - - - - -


昔、出来なかったことを今やっていて、気持ちがいいです♪







関連記事
スポンサーサイト

<< ○○○○〇の法則に、遭遇した。  TopPage  “楽すれば、楽が邪魔して楽ならず。楽せぬ楽が、はるか楽々”の本当の意味 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad