心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


あ・・・デジャヴ・・・

○○○○〇の法則に、遭遇した。
主治医の真意…答えの先にある「答え」を導き出す
いろいろ、ぶっ込まれている、第3ステージについて





上記の記事を以前にも書いたことがあるようなデジャヴを感じました。

もし、本当なら、次に進めるタイミングが、また、来ているんだと思います。

次回の診療時に、スルーするところはスルーして、モヤモヤするところの間違いを指摘できるかどうか…ですね。

これを主治医に対して、やるっていうのが、また難しいところ。











いろいろ、ぶっ込まれている、第3ステージについて

○○○○〇の法則に、遭遇した。
主治医の真意…答えの先にある「答え」を導き出す

あまり、間を置くと忘れてしまって、また進めないので、自分のために前回の続きを書いていきたいと思います。





主治医の、患者への否定的かつ突発的な言動や行動に対して、患者の私が、どう考え、どう対応していくのかを主治医は観察しているんだとは思う。

これが、前々回の記事の“良く言えば、私の社会復帰の為の実践的な訓練 (意味深)。”の部分。





〇第3ステージで、主治医が私に仕掛けることを具体的に、、



・私の相談内容を明らかに、わざと間違った捉え方をして、聞いてもいないことに対して、アドバイスをしだす。

(私が、アレ?っと気づく。なんなら、やんわり指摘する。
でも、主治医は、「ん?」と、すっとぼける。
私も、つられてオウム返しをする。)

それと、まるで、アイツのような考え方でアドバイスしてきた時には、思考停止した。


・真っ当な(?)アドバイスをしてくる。

・なんなら、褒める。


・私の話に対して、明らかに、さっきとは矛盾している真逆のアドバイスを言う。

(私、混乱しだす。
思わず、主治医の顔を伺うように数回見る。
でも、主治医は無視する。)




なんだコレ(・◇・)?と長らく疑問に思っていたのですが、分からないので、ググった。

(長らくといっても、私は、毎回、初見状態だったと思う。
なぜか、忘れるんだ。これが…)





その結果、認知行動療法というものだと思った。

なぜなら、このサイトに、私が仕掛けられたことの答えと似たようなことが載っているのを見つけたから。



それは、“新しい視点を見つけよう(認知再構成法)”にある、“適応的思考(新しい考えをまとめる)、(新しい考えを踏まえて)やってみること”の下に書いてある3行が、私への参考的ヒントで、、

主治医が私へ仕掛けてくることに対して、私がやってもいいことなんじゃないかな…と、思うこと。




今の時点の私では、これが限界。

あとは、これを次回の診療時に私がやってみることだと思う。
続きを書くのは、それから。










主治医の真意…答えの先にある「答え」を導き出す

○○○○〇の法則に、遭遇した。 で、答えを書いたばかりなのですが、、

引っ掛け問題に、まんまと引っ掛かったことに気づきまして、、
あぁ、恥ずかしい…(´∀`*;)ゞ

私の心療内科の主治医が患者の私へ、第1ステージ~第3ステージまで、なぜ仕掛けてきたのかの、答えの先にある「答え」を今回は導き出していきたいと思います。





主治医から患者への陽性転移を仕掛けることも、陰性転移を仕掛けることも、そのものだけを見てしまったら、答えを間違える。

主治医は、当然、目的があって、患者に仕掛けるんだと、私は思う。
・・・・・というより、確信がある。




それは、主治医が、第3ステージに居る私に「確立してきたと思うよ?」と言ってくれたり、、
また、人間関係のアドバイスとして「何をされても、Rinko。さんは、ブレないでいること」と私に言ってくれたから。

これらの言葉をかけてもらえたのは、私が第1ステージの陽性転移も第2ステージの陰性転移も、ほぼ無視してこれたからだろうね。

(こちらのサイトの記事を発見したのも確信したキッカケの一つ→☆彡
これは、“陽性転移も陰性転移も効かない患者”と入力しググったら見つけたw)





私はいつも、大体すっとぼけることを意識してきた。

ただし、第2ステージの陰性転移は、正直すっとぼけるのが難しかった。
とてもイヤでキツかった(T_T)
『先生がヤバい!怖い!壊れちゃった 。゚(゚´Д`゚)゚。 診療行きたくないよ~』と思った時もあった。

そのたびに、ググって、“すっとぼけるといい”みたいなことが書いてある記事に行きつき、『今まで通り、すっとぼければいいんだ』と自分に暗示をかけるように思い直した時もあった。





陽性転移や陰性転移を主治医から患者へ仕掛ける目的というのは、、

患者が主治医からも誰からも、何をされてもブレない精神を確立すること。




そのために、主治医は特に陽性転移を仕掛ける時に、自らの立場をいろんな意味で危うくしながらも、患者に仕掛けてくるんだと私は考える。



“すべては、患者を社会復帰に導くためにしていること”だということです。





これが、主治医の真意だと私は思う。





ちなみに、第3ステージは、患者の自分が、どういう態度をとれば正解なのかの答えが見つかっておりません。
いろいろ、ぶっ込まれいて難問すぎます(´;ω;`)
あんなの、頭、混乱するわw
なので、この記事の続きは、答えが見つかった時に、忘れなければ書きたいと思います。













○○○○〇の法則に、遭遇した。

私が、ブックマークしている方のこの記事を読んで、『あー、そうだったのか』と納得した。

主治医も、他の科の医療従事者たちも、もれなく、この法則に当てられていて…

(私がブックマークしている他の方で、すでに活躍している方の中にも、この法則に当たられていて、うっかり仕掛けている側になっている人を見つけた。
なぜ、そう思ったのかというと、その人のその記事を読んでも、自分には灰色にしか感じないし、それ違うんじゃない?と思ったから。)



私が、それをほぼ受けかわすというカタチで遭遇していた。

なぜ、ほぼなのかというと、一人だけ、かわせなくて受けてしまったから。
ちなみに、主治医ではない。

昔の自分なら、どれも、かわすことは出来なかっただろうけど、無意識に出来ていた(笑)

私が変わったと言えば、変わったと表すことも出来るけれど…
正しくは、本来の自分(私の魂の性質)に戻っただけだと私は思っている。





〇具体的に、、




・主治医の真意は分からない。

ただ、3~4回くらい前の診療まで遡って考えると、その前の診療の仕方ではなく、次のステージの第3ステージ(フラットな時期を除いて)に行っている。

    第1ステージ:陽性転移を狙われるの巻き。   
    第2ステージ:陰性転移を狙われるの巻き。
    第3ステージ:    ???          ←今ココ!


今回の診療は、第3ステージ5回目くらい。


良く言えば、私の社会復帰の為の実践的な訓練 (意味深)。

悪く言えば、それは彼自身の口から他人に向けた言葉が、おそらく答え。



ヒント:第1ステージ~第3ステージまでの共通点が、、、答えだと思う。
=かまってちゃん( 俺に気を向けてくれ)
ツインの片割れは、答えが分かるかもしれないね。



(でも、私、めんどくさいのキライなんだよね。
だから、今回、うっかり、口にしちゃったけど

先生、意外とまわりくどいから、せめて直球で来てほしかった。
でも、受けないけどね。←
滅多に出逢えない心療内科のプロを私が逃すはずないべw)



もしくは、どちらも半々ずつかな。

上記の( )と矛盾しているけれど、彼の執着心の強さが、彼自身の首を絞めている状態が長らく続いている。
フラットな時期には、ブレても次の診療時には戻っていたんだけど…

でも、これは、先生自身の問題なので、私には、どうすることもできない。

それと、「言葉で、相手を壁際に追い詰めて、壁ドンしろ」って、本気で言ってんの?
これが、今回の法則の強調されたところだったと思う。



- - - - - - - -


・他の科の受付嬢に、診療受付終了時間の嘘を教えられた。

その場は、「そうなんですね♪」と言っておいた。
でも、実は、前々回に、教えてもらった時間を覚えていた私は、その時間ピッタリに受付に入った。

そしたら、受付嬢に嘘を言わせた黒幕が判明。
その黒幕は、なぜか受付棚に両手をつき顔がくっつくくらい、私に無言で頭を下げて、しばらく動かなかった。

そういえば、思い出したわw前回も同じことされたんだよねー。
しっかりしてほしい。


- - - - - - - -


・主治医のアドバイス通り、(無意識に)オウム返しをしたら、他の科の男性担当医を撃沈させたw

この人、幼子に話しかけるように話してきたから、(無意識に期待通りに)同じように返しただけなんだが( *´艸`)
私より若い人って感じで、診療終了次第、すごい勢いで拒絶反応示したから、耐えられなかったんだろうね。


- - - - - - - -





他の科の医療従事者って、目の前の患者が心療内科を受診していると分かった途端に…

それまでとは、うって変わって急に、幼子に対しての口調に変わった上、さらに明らかにバカにしてくる人もいたり、、

(優しい口調とバカにした口調は別物。思いやりがあるか無いかの差。もしくは、イヤな感じがするかしないか。)

中には、今回のように、明らかな悪意を持って騙そうとしてくる医療従事者もいるので、、
病院受診時には、みなさま、お気をつけください~。





今回は、○○○○〇の法則ってやつだったということで、お試しだったんだな~と思った。







自分の昔と今を比較し書き出した。

昔の私を知っている人たちは…

今の私と接すると、たいてい驚き、戸惑う。
そして、対応に困ったりしている( ´艸`)

私のあまりの変わりっぷりに、中には悲しそうな寂しそうな表情になる人たちもいる。


自分としては、今の自分が一番好きなので、そういう人がいると複雑な気持ちになる。



また、かつての恩師の一人は、今の私の外見を見ても、私だとは認識できないらしい。
固定認識的イメージが違うからだと思う。

(ピンクのメガネをかける子ではないというイメージ)



また、ある隣人の商売人は、私にも家族にも見下し発言をやめ大人しくなったw
私が私立高校に行くことが決まったあたりから、あからさまに私を含む家族を見下し続けてきた人なのですが…

実家に帰ってきた、私の大きな声や私と直接、会話をしてみて、バカにできないと思ってのことなのかな…と思ったり。

昔は、「物静かで大人しく目立たない子で、あまり、モノも言わない子だし、私立高校へ行くような頭の悪い子だから、何言っても言い返せねーべw」 と思われがちだった(T_T)








以下、私の昔・今の比較。
これで、より自分を自分で知ることが出来る。




昔→大人しくて暗い。

自他共に認める根暗っぷり。


今→メガネ外せば、一見、大人しく見えなくもない。

鬱でも、だいぶ明るい(自己防衛かな?と自分で思う時もあるが、本来の私の性質なんだとも思う)。
下記と矛盾するようだが、刷り込まれてきた根暗は、時々顔を出す。


- - - - - - - -


昔→あまり話さない。

自分の気持ちを言語化することが難しく苦手だったこともあり、自分の気持ちも、あまり言わなかった。
たまに言ったとしても、毒親&毒祖父母に「まったく、あんたは素直じゃない(な)ね!」と、否定されるから、余計あまり口にしなかった。
いつも理不尽な気持ちで、いっぱいだった。

ストレスは、いきなり爆発させていた。
人にも物にも当たるし、紙に書きなぐったりもしていた。
それでも、語彙も少ないし表現力も乏しくて、スッキリすることは無かったと思う。



今→よく話す。

ここ一年半くらいで、急速に自分の本当の気持ちを言語化できるようになった。
そして、すぐ口にする。

(あの、生命の危機に瀕していたのもあり、自己防衛本能による成長意欲が活発化したためだと思う)

語彙も表現力も増えたし、感情を感じきることが出来れば、一時的にスッキリすることは可能。


- - - - - - - -


昔→毒親&毒祖父母に命令されるのがキライな子。

それでも、両親にコントロールされながら育てられていたこと30歳くらいまで気づかなかった。
命令されると、いつもモヤモヤしていた。


今→自分は命令やコントロールされるのが本当にキライだと自覚した。

前世は、支配者側だったとしか思えんw
だから、前世で下々の民だった現世の人たちに命令されコントロールされそうになると反発心が強烈にでるんじゃないのかな…と、なかば本気で思う。

ただし、尊敬している人物に命令されると普通に受け入れていたりするw

語彙も表現力も増えて、命令されても、拒否することが可能になった。
モヤモヤは少しするけど。


- - - - - - - -


昔→あまり笑わない。


今→鬱でも普通に笑う。

ここ2年くらいで、急激にホウレイ線が目立ちはじめた。
目尻にシワが無いのが救い。


- - - - - - - -


昔→イヤミを言われても気づかない。

もしくは、あとから気づくことが多かった。
瞬時に、気づいたとしても、いい子の部分が足を引っ張り、何も対処できないでムカムカ、ストレスを蓄積させていた。


今→瞬時に気づくことが多い。

そして、相手によっては反撃したり対処を試みることも可能。
いつも、成功とはいかないけど。
(数か月単位で、ここで足止めを食らっている。)

ストレスは、適度に抜いているつもりなのに、いつの間にか蓄積している。
そして、やっぱり、ある日、突然、爆発する。
人にも物にも自分にも当たるし、紙に書いたりもするし、なんなら、ネットにも垂れ流す。


- - - - - - - -


昔→声が低くて、小さい。


今→声が高くて、大きい。

こんなに大きい声が出せるようになった自分に驚く。
ただし、地声や地声の出し方をちょいちょい忘れて困る(笑)


- - - - - - - -


昔→ぶりっこキライで、堅物。


今→ちょいちょい、ぶりっこ。

実は、ぶりっこが羨ましかった。
興味津々で、やってみたかったこともあり、、
ぶりっこな幼馴染のマネをあの、生命の危機に瀕していた時に突発的に実践してみたら、アイツに効いたので、私なりの自己防衛方法として身に付いた。

(大人な人が、大人っぽさを維持したまま、対処している様を私がマネをし続けていけば、おそらく私も大人っぽい人になれるだろうと思う。これが身についた時、社会復帰も成功に繋がるかもしれない。

ただ、今は、もう少し、今の自分で居たい。自分の気持ちを表しやすいから。)


- - - - - - - -


昔、出来なかったことを今やっていて、気持ちがいいです♪











Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad