心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


“楽すれば、楽が邪魔して楽ならず。楽せぬ楽が、はるか楽々”の本当の意味

自分がブックマークしている人の記事をなんとなく読んでいたところ、、
リブログ続きの記事を読んでいたら辿り着いた。


“楽すれば、楽が邪魔して楽ならず。楽せぬ楽が、はるか楽々”の本当の意味を記事にしている方を発見して、コレだ!!と思いました。



うちの毒母が、よく私や弟たちに、言い聞かせてきた言葉がタイトルの「楽すれば、楽が邪魔して楽ならず。楽せぬ楽が、はるか楽々」の言葉なのですが、、

彼女は、それと合わせて、「“苦労は買ってでもしろ”って言うでしょ?」と口にしてきました。
彼女は今も、そう信じて自ら苦労続きの人生を歩んでいますが…


私も弟たちも、「そうは思わないよ?」ってのが答え。



私は、「楽すれば、楽が邪魔して楽ならず。楽せぬ楽が、はるか楽々」の本当の意味を記事にしている彼女の言葉を読んで、しっくりきました。
あー、そこに繋げて考える方法があったのかー…彼女らしいwみたいな。



この彼女のブログ記事を最初の頃は、『ぶっ飛びすぎてて、ついて行けない!』と思っていたのですが、、
なんか嫌いじゃなくて、たまに読ませて頂いております♪

全部読んだわけじゃないし、全部が全部じゃないけれど、納得できる部分があって、彼女の紡ぐ言葉を読むと心が震えて涙が出てくることもあるんです。そして、気分が落ち着くこともある。

私には浄化作用があるらしい。



ここまで、書いたところで、『あー、コレ前にたぶん書いたわー』というデジャヴが出てきました。
また、この記事に出会ったということは、自分の潜在意識から何かしらメッセージがあるのかもしれない。





















毒母に、「そんなに綺麗にしなくていい!」や洋服の格好をけなされたw

注意:今回は、書きながら結論を出すという典型的な女性的思考で書いたので、苦手な方はお帰りいただくか、ご注意ください。




今日、出かける前のこと。

脱毛器で脱毛していたら、母が「そんなに綺麗にしなくていい!そんなの誰も見てない!」と言ってきた。
私は自分が気になるからやっていただけなのに、毒親の典型的発言にウンザリ。

なので、そのままを言って差し上げたら、今度は同意してきた。
『同意するなら、言ってんじゃねーよ』と思った。




私:「自分が気にするから、やってるだけだよ。みんな、そうだよ?
じゃぁさ~、女性で、濃いすね毛がボウボウだったら、どう思う?」

母:「そうだね~。若い人なら引くかもね~」

私:「そうでしょ~?ドン引きするよね?」

母:「ドン引きするね」 ←(#^ω^)ビキビキ





そして、以前、母と出かけた時も、私は今回と同じ洋服の格好だったのですが、、
母が今回は、けなしてきたw

前回は、「あら、いいじゃない♪」と褒めたくせに…
今回は、「なんだい。その恰好…変だね~」を何度も言ってきやがった(#^ω^)ビキビキ

その後、「いいんじゃない?自分が良いと思うなら」って言ってきた。←「はぁ~!??」
これ言うなら、けなす言葉いらないんじゃね。




さらに、「おねえちゃんは、ズボンの方が似合うって今日、思った。足が長く見えるから。」だそうだ。
この言葉、今日が初めてじゃないんですけどねーw

私が女性らしく(?)スカートを履くたびに言ってくる言葉です。
もう20年くらい言ってんぞwww

これが、毒親の嫉妬心ゆえの典型的発言ってやつですねw

そうと気づいて、ムカついたから、こう言って差し上げた。

私:「ロングスカートって、足が長い人しか履けないんだよ?
背が低い人が履くと、地面に吸い込まれるような感じになって、バランス悪いからね。
だから、ロングスカートを履くってことは、足が長いってことなんだよ(^∇^)」

母:「背が低いと、地面に吸い込まれそうな感じかー。それも、そうだね~」 ←「はぁ~!?」




これ、「私、あんたに、けなされるために生まれてきたわけじゃねーんだよ!」って、言ってあげた方が良いんですかね~???
それとも…「お母さんが、私をけなせばけなすほど、私が可愛くてキレイで、女性的だってことなんだよね♪お母さん、私が羨ましいんでしょ?だから、けなすんでしょ?」って言ってあげた方が良いんですかね?ヽ(´∀`)ノ




まぁ…こんなん、言ったとしても、結果は目に見えている。←
「そんなこと思ってないよ!」とか言って、私からも母自身からも逃げて嘘つこうとするでしょうね。
バレバレなのに、ミエミエの嘘をついて逃げる母が目に浮かびます。

自分の娘をけなす行為、これは、本当は、母自身の問題で、娘の私には関係ないこと。

なので、私は、自分の脳内で、「お母さんが、私をけなせばけなすほど、私が可愛くてキレイで、女性的だってことなんだよね♪お母さん、私が羨ましいんでしょ?だから、けなすんでしょ?」ヽ(´∀`)ノって、変換しとけばいいかな…という結論。

(どこかの記事で読んだ。)

ただし、我慢できない時は、上記をそのまま言って差し上げれば良しとする。




-- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - --

あ!これ書いて思い出したんですが、一度、上記の言葉を母に言ったことがあったかもしれません。
その時の母は、目をまん丸にして凍りつき、「そんなことないよ」と、言いながら、まぶたをパチパチ高速で動かしていた記憶があります。

お母さん、早く気づいて改めないと、逃げきれなくなって、乗り越えるのが、どんどん辛くなるだけなのに。
















私にも幸運のスズメが現れた!!

今日は思ったことをズラズラと書きます。




まず、昨夜から遡って書いていく。

寝る前に、パソコンで調べていたことがあって、それは【パワーストーンブレスレットをどちらの腕にすると良いか】。

これ、結構大事と判明。
左腕はエネルギーが入ってくる場所で、右腕はエネルギーを排出する場所だから、右腕にしてしまうと、せっかくの良いエネルギーの効力が半分になってしまうんだとか。




もう、ここからシンクロニシティが始まった。

翌日、昨夜の記事に従って左腕にオニキスとラピスラズリのパワーストーンブレスレットを装着してパソコンいじっていたら、、

バサバサバサッって音がした。
その方向へ目をやると、何かの鳥だった。

よぉ~く目を凝らして見たところ、スズメだった。
(裸眼で凝視はキツい;)

で、瞬時に、検索かけた。
【スズメ スピリチュアル的意味】 で。

なぜ、そんな行動に移したのかは、自分でも分からないけどw




そしたら、ココの記事に辿り着き、ココにも行き着いた。

ここまで書いたところで、以前、同じことがあったことを思い出しました。
同じようにスズメが視線の先に居て、検索かけたら、このブロガーさん達の記事へ辿り着いたんだった;

幸運のスズメさん、再び私に舞い降りてくれて、ありがとう♪と言っておく。




ココからスズメの意味を一部、引用開始~

・願望

・人生における新たな愛の顕現

・時の経過、人生の行路(=race)の局面の理解

~引用終了~




それで、その幸運のスズメさんが現れた時に読んでいた記事は忘れてしまったのですが、、
何に関しての記事かは覚えています。

それは、ツインソウルに関して書き残してくださっている、男性ブロガーさんのブログでした。

(ずっと、長いこと、女性だと思っていたら、今日、上記参照ページの記事を読んで、男性であることを知りました;
男性でツインソウルに関してをブログに綴って書き残してくれている人って、極々わずかなので貴重ですよねー。)

自分的には、この記事がグッときました。
『確かに!確かに!』を心で繰り返すほど、その通りだったからです。




で、話は戻します。

上記の一部、引用したスズメの意味のアレら。
上記の男性ブロガーさんの記事を読んでいた自分の心境や状況に沿っていると言える。

ただし、【・人生における新たな愛の顕現】についてだけは、今、照らし合わせ中。
愛っていっても、いろんな愛がありますからねー。




この記事を書くのだって、昨夜の【パワーストーンをどの腕にすると良いか】を調べなければ、書けなかったことです。
昨夜から、繋がっていたんです。

















【・人生における新たな愛の顕現】について、何を指しているかが分かった。

私にも幸運のスズメが現れた!!

ただし、【・人生における新たな愛の顕現】についてだけは、今、照らし合わせ中。
愛っていっても、いろんな愛がありますからねー。


これ、何なのか分かりました。




私が、生きている世界は今も狭いです。

日常的に、周囲がいろんなものを差し出してくれるのですが、受け入れがたい物事もあってですねー。

【・人生における新たな愛の顕現】っていうのは、私にとっては、、
自分と関わってくる人たちから、たとえ、“自分が欲しい愛のカタチではなくても、一旦、受け取りましょう!”ってことらしい。




上記の“ ”の部分は、また違った言葉をググってネットサーフィンしていたら、たまたま目に付いた言葉です。
そして、その外側の言葉は自分なりに解釈して付け足した部分。




メッセージとしては、「ありがとう。」と一旦、受け取るってことだと思う。




そうは言っても、“一旦、受け取る”っていうのが、難しいんですよねー。

つい、どストレートに「イラナイ」「嫌い」「さっき、イラナイって言ったのに、なんで持ってきたしw」とか、自分の場合は言い放ってしまうので;


ありがとう。でも、(ごめん。)イラナイ」
ありがとう。でも、(ごめん。)嫌いだからイラナイ」

ありがとう。置いといて」は言ってるw


否定する時に、自分の場合、頭に、ありがとう。をつけ忘れる。

だから、「頭にありがとう。をくっつけて、周囲が差し出してくれる愛を一旦、受け取ってごらん」ってことなんでしょうね。
「そうすると、愛は元々あったんだってことが分かるよ~♪」ってことなのかも。

(「愛は元々あったんだってことが分かる」っていうのは、よくブロガーさんたちが、口を揃えて(?)書いていることですね。)








最後の(?)悪あがきなのかも

落ち着くことへの抵抗
“このまま、しおらしい大人になんて、なってやらないw”




これは、悪あがきなのかも…と、ふと思った。

ツインソウルの片割れと過ごすと、(持って生まれた魂という意味での)本来の自分に戻って、すごく女性的になるわけで…(不可避)

ツインソウルの片割れが、そばに居なくても、本来の女性的な自分で居られるようになることが、なんとなく…必要だと感じている。(再々会に向けて)

これは、私にとっては、プチ試練かも。

心のどこかで、まだ自分の女性的な部分を否定していたくて、受け入れられなくて抵抗しているのかもしれない。
だから、カッコイイものに惹かれるし、身に着けることもヤメラレナイのかも…と思った。

まだ、個性的でいたいし。

それに、なんだか怖い。
自分じゃなくなる感じがする…
もしかしたら、これが一番ネックなのかもしれない。

私には、もう少し時間が必要。








Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad