心が揺れるのは生きている証

このブログは人生の転換期を迎えた私が、転換期とは知らず、もがき苦しみ、道の途中で新たな生き方&思考・新たな自分の構築を模索しながら生きてきた証です。(現在進行形)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“俺を怒らせた、お前が悪い”この理屈は通らないことに気づいたw

“俺を怒らせた、お前(他人)が悪い”

タイトル通り、この理屈が通らないと気づきました。

ちなみに、“俺を怒らせた、お前が悪い”という考え方は、ググるとモラハラ・DV関連サイトに書かれています。

俺を怒らせた、お前が悪い モラハラ・DV検索結果・1
俺を怒らせた、お前が悪い モラハラ・DV検索結果・2

元彼同居人の言っていた、物事は違うけれど一緒…という観点と彼の理屈から考えると…

いじめは、「いじめ(という行為)をさせた、(子供の・子供の時の俺)お前が悪い」になる。
(いじめられっ子だった彼は、いじめは被害者が原因(悪い)と考えている。)

虐待は、「虐待(という行為)をさせた、(子供の・子供の時の俺・年寄りの)お前が悪い」となるはず。
(彼は、虐待された子供が悪いとは考えていない。
考えられないんだと思う。
なぜなら、彼自身が子供の時に父親から虐待されているから。)

そして、彼が「子供の時に父親から虐待された」という考え方は…彼が通したい理屈から、なぜか、外れてしまっている。

“俺を怒らせた、お前(他人)が悪い”という理屈を通したければ、、
「親に虐待(という行為)をさせた、子供の時の俺が悪いんだ」とならないと、おかしい。

したがって、彼が“俺を怒らせた、お前(他人)が悪い”という理屈をちゃんと通せば、「父親に虐待された俺、かわいそう」とは、ならないはず。



(私の主治医の見解では、『(同居人の)彼は彼独自の理屈でモノを考えている』ということなので、、
上記の彼が認めたくない物事で、「彼自身が悪い」という責任を負うような考え方が出来ないのは、仕方ないことなのかな…と思った。
めちゃくちゃな、つじつま合わせを無理やり私に分からせようとしたり、彼に責任を問うと全力で拒絶してきたりということもあった。

『あなたが悲しいとか辛いとかは、どうでもいいのよ!正しいか間違ってるかなんだ!』と私に言っていたけれど、、
彼自身は、『虐待された俺かわいそう』と口にしていた。
それを考えると、「俺は良いけど、あなたはダメ」ってことなんだな…と思った。

なぜなら、いじめに関しては、いじめられた俺が悪いとは考えられても…
父親からの虐待は自分のせいだとは考えられない。
=「親に虐待(という行為)をさせた、子供の時の俺が悪いんだ」とは考えられていないから。

それを認めたら、精神的に辛いし悲しいし認めたくないからなのかな…
という私の考え。)



ここまで、書いてきて、元彼同居人(モラハラ・DVの人)が、どう反論するかというと、、
「確かに“物事は違うけれど一緒”とは言ったけれど、俺は“俺を怒らせた、お前(他人)が悪い”と虐待に関してが一緒だとは思わない!俺はそうは思わないけどね!」とかって、もっともらしく反論したりするんですよねー。

実は初めから見下している私(相手)になんて論破されたくないし、いつの間にか成長した私(相手)が言っていることが正しいなんて思いたくないし、認めたら自分の負けになってしまう&そんな現実を直視して認めたら精神的に耐えられないから、自分の無理やりな、つじつま合わせをしてでも認めない!って感じでしょうかねー。


ついでに言うと、以下は全部、「お前=被害者=理不尽」ですよね。
これも物事は違うけれど、一緒の部分だと私は思います。
「怒らせた、お前が悪い」
「いじめをさせた、お前が悪い」
「虐待をさせた、お前が悪い」


話を戻します。

ただ、いじめも虐待も、「そういう行為をさせた、お前が悪い」という、そんな考え方は、道徳的にも、おかしいし社会的にも通らないわけで…

つまり、“俺を怒らせた、お前(他人)が悪い”という理屈は、おかしい…ということになるわけです。
筋が通りません。




-- ---------------------- --

実家に帰って来てから、数回…なぜか、いつも入浴中に、この考えが頭にふと思い浮かびまして、、
上記記事は、自分の成長というよりは、本来の自分が戻ってきたしるしです。







まさかの人がツインフレームだった。

タイトル通り、まさかの人がツインフレームでした。

昨年別れた元彼同居人と住んでいた、ある日…『いつか、私を訪ねてくる日が来るんじゃないか』と思っていたのですが、、
2016年12月末にそれが現実のものとなりまして、、
ただ、その時は、自分の人生に関わってくるスピリチュアル関係者だとは全く思っておりませんでした(゚∀゚)

なんだか、始めからグイグイくるな~とは思ったけれど、親心みたいなもんだろwとか思っていたら、遠まわしに『一緒に年越ししよう』的なお誘いを受けた(もちろん断ったw)後に、ハッΣ(´Д`*)としてググってみたらツインフレームだった…みたいな。

(ハッとした時に第3の目の辺りが白く光った。いったい何のワードでググったのか全く覚えていないが、ツインフレームの検索結果がズラリと並んでいたので、ツインフレームと入れたんですかね??
自分が意識していなかったツインフレームのワードを無意識に打ち込むとか怖すぎ;
潜在意識のもう一人の自分が打たせたとしか思えん!←)

まさか、その人がツインフレームだとは全く考えていなかったし、そもそも、ツインソウルとかニセツインソウルしか興味なくて、ツインフレームは全く興味無かったので、不意打ちでした。
しかも、彼は、親子ほど歳の離れた知人男性で、自分には、毎年何度か実家に遊びにくる、おじちゃんという認識。

人生、わからないもんですね~(-∀-)
なんだか、面白くなってきましたwww




自分が変われば他人が変わる・変わりつつある。

「ぉおりゃ~~!!!」と思いきって飛び込んだ現実は、そんなに悪くありませんでした。


なぜなら、毒父が私との親子関係修復を試みていると感じたから。

・普通に話しかけてくれたり、
・一緒に探し物をしてくれたり、
・父自身の入浴後、用事の無い時は早めに二階の寝室へ引き上げてくれたり、

・私が入浴中は浴室に近づかないとか
・視線が合わないように会話してくれたりと

私が望む普通の事を普通に、やってくれている。

ただし、距離感が近くてイライラ。パーソナルスペースもっと配慮しろよ。
(人との距離感がおかしい=発達障害か人格障害が入ってるのかな?と疑われても仕方ないことをする→これは直らないみたい;)



もしかしたら、再会時、私が最初に父の体調を気遣ったり、以前の私のキャラでは想定できないような真逆といってもいいくらいになったことと関係しているのかなー?と勝手に思いました。


以前の私
・何を言われても言い返せない。
・自分の本音より他人の気持ちを優先。
・モノを言ってきた相手に対し黙って耐える。
・リアル世界の裏やブログで文句を言う。
・大人しい印象(本当の自分を殺して生きていた)。
・ネガティブな思考。

現在の私
・他人の気持ちより自分の本音を優先し自分を満たす。
・言いたいことは、なるべく、その場で本人に伝える。(本人に文句を言う)
・リアル世界の裏やブログで文句を言う。←
・嫌いな人種によって、心に土足で踏み込まれた場合、相手に一矢報いる言葉を吐く。 
・時と場合により、ぶりっこwだったり幼子だったり変身する。(本当の自分を出して生きている)
・ポジディブな思考になり表現の仕方も明るくなったらしい。
      

毒父に対して、毒母も毒祖母も相変わらず、最初から、『あれやったら?これやったら?』と指示してきたものの、、
私が、やらないように何度か指摘したところ、第三者からもキツく注意されているのもあってか、毒母は、そういう指示は、あまりしなくなりました。

毒祖母の場合は、認知症が入っており、一時的に指示しなくなったものの、数日でまた元通りの繰り返しなので諦めました。

それで、最初こそ、毒母&毒祖母の言葉攻めにより身動きがとりづらく、この人らのペースに取り込まれそうになったのですが、、

主治医と第三者の言葉を思い出し、繰り返し心に染み込ませたおかげで、自分のペースを取り戻すことが出来ました。

本当に感謝です


---------------------

毒両親・毒祖母からしたら、私が自分たち家族に口答えをする(自分の気持ち・文句をハッキリ言葉で伝える行為)って、相当衝撃的だったみたいで、最初の頃は、とても受け入れられないといった様子でした。

これを書いているのは2017年1月10(火)なのですが、昨日も毒母は抗っているって感じでした。
なぜなら、、もっともらしいことを言い、私をコントロールしたい気ムンムンで、、

詳細は省きますが、、

『それって、以前のあなたに戻った方がいいんじゃない?ってこと??そういう風に言っているように聞こえたよ?私は30年近く耐え忍んできたんだけど…。お母さんは、以前の私みたいに、誰に何を言われても何も言い返せず耐える私に戻って欲しいの?』と文句を言ってさしあげましたw

(30年近く耐え忍んできた:乳幼児期に、おしめが濡れても泣かず、おしりを真っ赤にして待っているような子だったと聞かされて育ったw見た目、よく大人しい子だと思われてきたし、そう振る舞ってきた。でも実は、持って生まれた魂は真逆の性質だと言われたし、事実、そうだと思う。育った環境と育てられ方で、失ったものらしい。)

これ、図星なんじゃないですかねー(゚∀゚)
一筋縄ではいかない、境界性人格障害の毒母は、搾取用の私をコントロールしたい欲求を離れて住んでいた時から、私が変わったことで封じられてきたので、また、その欲求が噴出しているって感じでした。

まぁ、毒母の思い通りには、させませんがw(´∀`σ)σ








新年のご挨拶

明けまして、おめでとうございます。

一応、今年も目標を掲げたいと思います。

……ちょっと悪い子になる!←

なぜ、そうなったのかというと、某占い師さんの記事を読んでいたら、
『うんうん、確かにね!』と、ものすっごく納得した一文がありまして、

→「魚座さんは、ちょっと気を抜くと“いい子”に戻ってしまうので…」という文。



…というわけで、、
まぁ、いい子になるのではなく、ガッツリ悪い子になるのでもなく、誰かにコントロールされるのでもなく、自分に嘘をつかず自分で判断し、言いたいことを言い、やりたいと思ったことをやる!

…で、いきたいと思います。

それでは、本年もよろしくお願いいたします。




年末のご挨拶

書こう書こうと思っていたら、やはり今年も最後の日ギリギリになってしまいました;

今年は、(某占い師さんの記事にあったように)自分の好きなことに嘘をつかず・諦めず・貫き通し戦い続け結果を出した一年でした。

“自分に嘘をつくのが、もう難しい”と自覚してからも、なかなか行動に移せず現実も変わらず、めっちゃくちゃ辛かったのですが、、

今年も、その時その時に、自分に必要な情報や人と出会ったり再会したりと支えて頂きました。

本当に感謝しております

よく聞く言葉ですが、何かを失うことで生じる不便さも未来への不安も、全部かなぐり捨てて、自分が一番に心底欲していることの為に、、

「ぉおりゃ~~!!!」と思いきって飛び込んだ(もちろん比喩)現実は、そんなに悪くありませんでした。

私が変われたから、相手も変わってくれたり変わろうとしてくれているのだなーと感じられました(*´∀`*)



ブログにおいては、今年も、なかなか記事UP出来なかったので、来年こそは自分の移り変わりが自分で分かるように、もう少し記事UPをやっていきたいと思います。

最後に、当ブログに訪問いただきまして、どうもありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。







Copyright ©心が揺れるのは生きている証. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。